読売の船旅 よみうりオーシャンクルーズ

読売の船旅 クルーズツアー  
YOMIURI OCEAN CRUISE    

ホーム >  クルーズツアー > 添乗員日記 > A.O.Sで航く太陽溢れる夢の楽園カリブ海クルーズ

文字サイズ 小 中 大

添乗員日記

「アリュール・オブ・ザ・シーズ」で航く 太陽溢れる夢の楽園 カリブ海クルーズ11日間

2011年2月12日(土)〜2月22日(火)

2月12日

・成田⇒マイアミ

17時、成田空港第2ターミナルに集合。
アメリカン航空のカウンターで搭乗手続きを済ませ、いよいよ日本出発です。ダラス到着後は短い乗り継ぎ時間でしたが、特別に優先レーンに入ることができ、無事にアメリカへ入国。その後は飛行機を乗継マイアミ空港に到着しました。
明日は待ちに待った世界最大22万トン「アリュール・オブ・ザ・シーズ」に乗船です。

2月13日

・フォートローダテール

アリュール・オブ・ザ・シーズ

ホテルを出発し、約40分で「夢のカリブ海クルーズ」の出発地、フォートローダデール港に到着。史上最大22万トンの 「アリュール・オブ・ザ・シーズ」が見えた瞬間、皆様その大きさに驚いていらっしゃいました。乗船手続きはスムーズで、12時頃には船内初めての食事(バイキング)を16階ウィンジャマーカフェでお召し上がり頂きました。
日本語説明会・避難訓練などに参加しているとあっという間に夕食の18時になり、インドネシア人のワンさん・ムハロさん、インド人のサイモンさんが担当するテーブルで夕食を召しあがって頂きました。
食後は、野外のアクアシアターでショーを見物。スリル満点の飛び込みや、トランポリンを使った迫力ある演技などをお楽しみ頂きました。プールの深さがパフォーマンスに合わせて変わるのには驚きましたね。

2月14日

・終日航海日

本日は終日カリブ海クルーズです。午前は船内見学を実施。
5階「ロイヤルプロムナード」、6階「ボードウォーク」、8階「セントラルパーク」、15階「プールサイド」など趣向を凝らした施設を見学頂き、その後ドリームワークスのキャラクターが登場するパレードをお楽しみ頂きました。
今晩のドレスコードは「フォーマル」です。日中の雰囲気とは異なり、お洒落をした人で船内はとても賑やかになり、船長主催の歓迎パーティーでは赤い車のオブジェの前で記念撮影をされる方もいらっしゃいましたね。また、今夜のショーはブロードウェイミュージカル「シカゴ」。舞台上にオーケストラの生演奏を交えた本格的なショーは素晴らしい内容でした。

2月15日

・ラバディ

初めての寄港地、ハイチの「ラバディ」に到着。ロイヤルカリビアン社のプライベートビーチです。希望者のみ10時半に下船し、一緒にラバディを散策しました。
まず、トロリーに乗って一番奥のコロンバス・コーブへ。ビーチのベンチに座ってカリブ海を眺めたり、記念写真を撮られたりしてラバディでのお時間を満喫して頂きました。バーベキューランチの後は、フリーマーケットでの買い物やビーチでゆっくりしたり思い思いにお過ごし頂き船へ戻りました。乗船3日目にもなると船内生活に慣れてこられたようで、夕食はバイキングレストランなどメインレストラン以外へ行かれる方もいらっしゃいました。

ラバディ ラバディのショー ラバディのショー ラバディのショー ラバディのショー バーベキュー

2月16日

・終日航海日

カクテルパーティー

2回目のカリブ海・終日クルーズです。ヨガ教室に参加されたり、ジップラインに挑戦されたり、メリーゴーランドに乗られたり、船内のショップでお買い物をされたり、皆様船内での時間を満喫されていました。夕方からは「よみうりオーシャンクルーズ主催」のプライベートパーティーにお集まり頂きました。ミントが入った「モヒート」、オレンジ・ピーチ・クランベリーが入った「サンライズ」、ラム酒とコーラのドリンクなどは如何でしたでしょうか?
今晩のショーは「ヘッドライナーショー」。海外スターのモノマネを披露するショーでしたが歌唱力はとても素晴らしかったですね。

2月17日

・コスタ・マヤ

メキシコの「コスタ・マヤ」に上陸です。
埠頭には土産物店がずらりと並んでおり、自由行動の方は埠頭付近を散策されました。
船会社主催の「チャコベン・マヤ遺跡」のオプショナルツアーに参加された方は、12時50分に集合して頂き港を出発しました。美しいカリブ海に感動しながらバスで約1時間で「チャコベン・マヤ遺跡」に到着。ジャングルの雰囲気が残った木々の間を進み、古代のピラミッドや神殿、居住地跡などを見学しましたね。その後、船へ戻り最後の「フォーマルナイト」を準備。
皆様お花のようにきれいなお洋服を着て来られたのがとても印象的でした。

チャコベン遺跡 チャコベン遺跡 チャコベン遺跡 チャコベン遺跡 チャコベン遺跡 チャコベン遺跡

2月18日

・コズメル島

トゥルム遺跡 コズメル島 ブルー・プラネット ブルー・プラネット

最後の寄港地メキシコの「コズメル島」に上陸です。
自由行動の方は、ドルフィンと触れあうツアーに参加したり、埠頭付近を散策をされました。船会社主催のオプショナルツアーに参加された方は、メキシコ本土の「マヤ遺跡・トゥルム」へ出発しました。まず埠頭からフェリーに40分ほど乗船し、美しい白砂と青い海が広がる「プラヤ・デル・カルメン」という町を見物しました。その後、バスに乗り換え約1時間で「トゥルム遺跡」に到着。断崖に残る遺跡とカリブの青い海・波の音などは本当に美しい景色でした。
そして最後のダウンタウンでは、記念Tシャツなどのお買物を満喫されていたようでした。
今夜のショーは「ブルー・プラネット」。素晴らしい歌声・踊り・空中アクロバットショーなど魂を込めた演出には感動しました。

2月19日

・終日航海日

「マダガスカルと一緒に踊ろう」

世界最大の「アリュール・オブ・ザ・シーズ」でのクルージングも最終日です。船内で残された時間を思い思いにお過ごし頂きました。
午後アクアシアターで「マダガスカルと一緒に踊ろう」では、たくさんの方に集まって頂き有難うございました。そして最後のショーは「アイススケートショー」でしたね。
船内のレストランや、ボードウォークなどが舞台となっておりましたが、皆様はどのショーが一番印象に残っていらっしゃいますでしょうか?夕食時はレストランスタッフが「ロイヤルカリビアン社の歌」を、食後はドリームワークスの「さようならパレード」が開催されとても感動的なひとときをお過ごし頂けたのではないでしょうか?

2月20日

・マイアミ

アリゲーター アリゲーター アリゲーター

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。「アリュール・オブ・ザ・シーズ」の下船の日がやってきました。
下船はスムーズで、下船開始から30分ほどで観光バスに乗車することが出来ました。ベルサーチの別荘、ベルトモアホテル、地元スーパーへの立ち寄り、車窓からはコーラルケーブル(スペイン風の街並み)をお楽しみ頂きました。中華料理の昼食後は、オプショナルツアー「世界遺産のエバーグレース国立公園」へご案内致しました。スリル満点のエアボートは如何でしたでしょうか?アリゲーターやカメ、スカンク、カエルなどに出会いましたね。

エアボート エバーグレース国立公園 スカンク 鳥

そして日本食レストランへ移動しましたが、久しぶりの日本食はいかがでしたでしょうか?早く日本に帰りたいと思われたでしょうか?それとも、もう少しご旅行を続けたいと思われたでしょうか?

2月21日

・シカゴ

早朝にホテルを出発。事前に受託荷物の重量を測られた方が多く、アメリカン航空のカウンターでの荷物預けは難なく終わりました。シカゴ行きの飛行機に搭乗後すぐ、悪天候の為出発が45分遅れるとのアナウンスが流れ、乗り継ぎ便出発まで30分という状況になりました。
しかし、皆様は強運の持ち主でしたね。なんと到着ゲートと乗継ゲートが隣同士という幸運で、らくらく乗継をすることができました。

2月22日

・成田

定刻通り、無事に日本に帰国。成田で解散の方、羽田空港に移動し国内線で地方空港に帰られる方がいらっしゃいました。11日間のご旅行が終了しました。
これからも皆様が、楽しい素晴らしいご旅行を続けられることを心から願っています。
ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにお待ちしています。お元気で。

よみうりオーシャンクルーズ 長船 晴菜

アリュール・オブ・ザ・シーズの詳細はこちら

南極への旅はクルーズで!
南極旅行の情報はこちら

お問い合わせ