読売の船旅 よみうりオーシャンクルーズ

読売の船旅 クルーズツアー  
YOMIURI OCEAN CRUISE    

ホーム >  クルーズツアー > 添乗員日記 > QEで航く感動のパナマ運河とカリブ海クルーズ

文字サイズ 小 中 大

添乗員日記

「クイーン・エリザベス」で航く 感動のパナマ運河とカリブ海クルーズ19日間

2011年1月13日(木)〜1月31日(月)

1月13日

・成田⇒ニューヨーク

待ちに待った旅の始まりです。約12時間半の空の旅でニューヨークに到着しました。
前日に大雪が降ったため、空港周辺には雪が残っていました。空港をあとに市内のホテルへ移動しました。ご旅行参加者の半分以上の方が、添乗員より先にニューヨークに来られていたので、ホテルのロビーが集合場所でした。空港からホテルまでの道中はとても緊張していました。ロビーで皆様に初めてお会いした光景を今でもはっきりと思い出すことが出来ます。その後ホテル内で日本食の昼食をとり、港へ出発しました。いよいよ「クイーン・エリザベス」に乗船です。
乗船後は忙しく、日本語説明会や避難訓練に参加して頂きました。18時からは自由の女神の前でキュナード社の3隻が並走し、花火が打ち上げられるイベントがありました。凍えるような寒さの中、素晴らしい景色をお楽しみいただきました。

1月14日

・終日:大西洋クルーズ

グランドロビー ギャラリー

「クイーン・エリザベス」で初めての朝を迎えました。
皆様の一日の始まりはいかがでしたでしょうか。10時から日本人コーディネーターと船内の見学ツアーにご参加いただきました。時差や環境の違いがあり体調を整えるため、午後はゆっくりと過ごされたようでした。18時からは「ブリタニアレストラン」で夕食です。担当はフィリピン人のアルネルさん、メキシコ人のマリアーナさん、インド人のジョンさんです。

1月15日

・終日:大西洋クルーズ

喫茶カリンシア

終日航海2日目です。
サウナを利用したり船内イベントに参加されたり、船内でのお時間を楽しまれていました。特に「フルーツと野菜の彫刻」のイベントは好評でした。また今夜のショーではボールルームダンスカップルによる、華麗なショーがありました。愛をテーマにしたダンスは大変素晴らしかったです。

1月16日

・フォートローダデール(米国)

アリゲーター アリゲーター 湿地帯

いよいよ最初の寄港地フォートローダデールに上陸です。
久々の地上の景色、太陽の光、青空、新鮮な空気に触れ自然と笑顔になり、楽しい気持ちになりました。船会社オプショナルツアーでは、マイアミのエバーグレーズ公園でエアボートに乗船して頂きました。大きな騒音を覚えていらっしゃいますか。アリゲーターやカメとの遭遇、目前に広がる広大な湿地帯の景色にとても感動しました。エアボートを降り、蛇やカメなどの展示を見学した後、クロコダイルとアリゲーターの違いについてのショーをご覧いただきました。

1月17日

・終日:カリブ海クルーズ

ウェルカム・カクテル・パーティー

「クイーン・エリザベス」はカリブ海へと向かいます。
徐々に気温も上がり船内のデッキやプールで過ごす人が増えてきました。午前は「ラインダンス教室」に参加しました。習ったステップを忘れないように今でも鏡の前で踊っています。
今晩は初めてのフォーマルナイトです。船長のウェルカム・カクテル・パーティーがありました。パーティーの前に「クイーンズ・ルーム」で船長と記念撮影をされました。船長より日本人が76名乗船していると発表がありました。

1月18日

・終日:カリブ海クルーズ

カジノ

終日カリブ海クルーズです。
午前は「シャッフルボード大会」に参加しました。外国人と一緒にチームを組み、共に一喜一憂し楽しい時を過ごしました。
17時からは、よみうりオーシャンクルーズ・プライベート・カクテルパーティーにお越しいただきました。1月5日より世界一周クルーズをされているお客様にもお集まりいただき、親睦を深めていただきました。パーティーの終わりには船長もお越し下さいました。乗客約1900人のうち14名様のよみうりオーシャンクルーズの皆様の為に来て下さったと思うと大変感動しました。

1月19日

・キュラソー(オランダ領)

ウェディングケーキの家 キュラソー

カリブ海の島キュラソーに上陸です。
蒸し暑く日差しの強い一日でした。船会社オプショナルツアーでは「ウィレムスタッド トロリートレイン」に乗車していただきました。港からバンで町の中心に移動し、ボートを16隻つなげて橋げたにしているクイーン・エマ橋の前からトロリートレインは出発しました。フローティングマーケット、ウェディングケーキの家、教会、オランダらしいカラフルな家々を約1時間かけて回りました。その後はフリータイムでそれぞれ買い物や町の散策、地元の食堂などキュラソーでのお時間をお楽しみいただきました。
今夜のショーは手品師ルークさんによるジャグリングショーです。お客様が舞台に呼ばれました。ルークさんより素晴らしいパフォーマンスで会場を沸かせて下さいました。今夜のスターだけでなく、下船まで船内のスターとなられました。おもしろいパフォーマンスを思い出すと今でも笑ってしまいます。この日から最前列でショーを鑑賞するとき、再び舞台に呼ばれないか緊張するようになりました。

1月20日

・終日:カリブ海クルーズ

パナマ運河通過に備えてリドで、パナマ運河勉強会をさせていただきました。人類最大の偉業を目の当たりにするということで、皆様真剣に聞いて下さいました。
夕食前にリピーターズパーティーがありました。胸元に赤やシルバーのピンバッチを付けた方々が「クイーンズ・ルーム」に集まりました。他の乗客と交流を深めました。夕食はご希望の方と一緒に「アルゼンチン料理」をいただきました。アルゼンチン料理はいかがでしたでしょうか。

1月21日

・リモン(コスタリカ)

トルトゲーロ運河クルーズ 演奏 バナナプランテーション

リモンに上陸です。「トルトゲーロ運河クルーズ」に、よみうりオーシャンクルーズご参加の皆様全員が参加されました。
皆様揃っての観光が出来、とても楽しくうれしいと感じていました。舗装されていない道では、バスで酔われる方もいらっしゃいました。約2時間の運河クルーズでは、カワセミ、ナマケモノ、ホエザル、サギ、つばめ、あひる、鵜などの動物が見られました。クルーズ終了後はスイカやパイナップル・バナナ、ジュースやビールが無料で用意されていました。帰船の道中、バナナプランテーションに立ち寄りバナナが洗浄されているところなどをご見学いただきました。

1月22日

・パナマ運河通航

いよいよ本クルーズのクライマックスとも言える、パナマ運河通航です。
「クイーン・エリザベス」が初めてパナマ運河を通航する記念すべき日でもあります。早朝5時より水先案内人が乗船、予定よりも遅れて第一閘門ガトゥン閘門を通過しました。ガトゥン湖を通過する頃、船内では「簡単英語教室」が開かれました。
午後ガンボア、ゲイラード水路を通過したころから遅れを取り戻しました。ほぼ予定通りにペドロ・ミゲル閘門、ミラ・フロレス閘門、アメリカ橋を通過し、太平洋クルーズが始まりました。運河通航途中、ところどころ運河拡張工事が行われているのがご覧いただけました。

パナマ運河通航 パナマ運河通航 パナマ運河通航 パナマ運河通航 パナマ運河通航

1月23日

・終日:太平洋クルーズ

誕生日ケーキー

終日太平洋クルーズです。
午前は「コサージュ作り教室」がありました。バラでコサージュを作りました。まだ作り方を覚えていらっしゃいますか。船内をお花できれいに飾るフローリストが先生として教室を開いて下さいました。男性だったので驚きました。昼過ぎより「スコットランドダンス教室」に参加しました。見学に来て下さる方がいらっしゃいました。6人1組でダンスをし大変楽しかったです。
夕食時は本日誕生日を迎えられたお客様のお祝いをさせていただきました。食後は皆様でシアターに移動し、オペラ歌手と手品師のショーを鑑賞しました。美しい歌声が会場に響き渡りました。またトリッキーな手品も会場を沸かせました。

1月24日

・終日:太平洋クルーズ

客室 カードルーム

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。客室には中間明細書が届きました。
午後「卓球大会」に参加しました。お客様と対戦しました。「運動神経が良い」と褒めていただきました。次の日から筋肉痛に苦しみました。夕食前は「ジャックポットビンゴー」で熱くなりました。お客様はビンゴ!!でしたね。
今夜のショーは「婚約と殺人ミステリー」の英語劇です。気合を入れて聞きましたが、全部理解することは出来ませんでした。犯人は毎回変わる様になっているそうです。今回の犯人は・・・でしたね。

1月25日

・アカプルコ(メキシコ)

アカプルコ ダイブ 民族ダンスショー

4日ぶりの地上での観光です。
「クイーン・エリザベス」はメキシコ・アカプルコまで進みました。船会社オプショナルツアーは「市内ドライブと死のダイビングショー」です。岸壁のすぐ近くを落下するダイブを、固唾を呑んで見学しました。
港周辺でフリータイムとなり、買い物や町の散策を楽しまれました。港のレストランでは美味しいメキシカン料理やメキシカンパフォーマンスを楽しむことが出来ました。帰船後はメキシコ民族ダンスショーがありました。華麗な衣装や民族ダンスを鑑賞しました。

1月26日

・終日:太平洋クルーズ

レストラン

午前はブリタニアレストランで「厨房見学ツアー」がありました。
午後は「お楽しみ会」にご参加いただきました。皆様でトランプを楽しんでいただきました。トランプ後のマジックもとても楽しかったですね。
今晩は最後のフォーマルナイトです。リドレストランで、メキシカンの食事をされました。
またクイーン・スイートの方を対象に「シニアオフィサーズ・パーティー」がありました。船長や船医との会話を楽しみました。

1月27日

・カボ・サン・ルーカス(メキシコ)

カボ・サン・ルーカス カボ・サン・ルーカス 地の果て 地の果て

最後の寄港地、メキシコのカボ・サン・ルーカスに上陸です。
「クイーン・エリザベス」は沖止めとなり、テンダーボートでの上陸でした。船会社オプショナルツアーは「地の果てとカボの景観」です。約1時間のクルーズで地の果てや、アシカのコロニー、ハリウッドスターの別荘などを見学しました。出港後、本船からクジラを見ることが出来ました。

1月28日

・終日:太平洋クルーズ

「クイーン・エリザベス」での最後の一日を迎えました。
午前「下船説明会」に出席していただきました。その後は船内イベントに参加されたり、知り合いになった方とお話をされたり、荷造りをされていらっしゃいました。あっという間に夜になってしまいました。夕食時にはお世話になった、アルネルさん、マリアーナさん、ジョンさんに挨拶をしました。
16日間生活の場となっていた船内での時間が、思い出に変わっていきます。

1月29日

・ロサンゼルス

ロイヤルアーケード サンタモニカ

下船の日が遂にやって来ました。
早朝より入国審査にお並びいただきました。ロイヤルアーケードにはたくさんの人が集まっていました。下船後はロサンゼルス市内観光にご案内致しました。サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ハリウッドでの観光をお楽しみいただきました。
15時頃ホテルに到着しました。夕食までの時間を利用しホテル周辺を散策されていました。ロサンゼルスは風が少し冷たく肌寒い気候でした。夕食は日本食です。カリフォルニアワインや日本酒で乾杯をしました。

1月30日

・ロサンゼルス

8時30分にホテルを出発し空港へ向かいました。
日曜日で道が空いていて、あっという間に空港に到着しました。138番ゲートより出発し、日本まで約11時間半の空の旅です。皆様はどのように過ごされたのでしょうか。

1月31日

・成田

夕刻、無事日本に帰国しました。
19日間同行させていただき、本当にありがとうございました。これからも楽しいご旅行をお続け下さい。皆様のことを思いながら日々を過ごしていきます。

クイーン・エリザベスの詳細はこちら

南極への旅はクルーズで!
南極旅行の情報はこちら

お問い合わせ