読売の船旅 よみうりオーシャンクルーズ

読売の船旅 クルーズツアー  
YOMIURI OCEAN CRUISE    

ホーム >  クルーズツアー > 添乗員日記 > QEで航く夢のスエズ運河通航と地中海クルーズ

文字サイズ 小 中 大

添乗員日記

「クイーン・エリザベス」で航く 夢のスエズ運河通航と地中海クルーズ 21日間

2011年3月31日(木)〜4月20日(水)

3月31日

・成田⇒香港・ドバイ

全日空909便で成田を飛び立ち、香港に到着し、関西空港からご出発の方とドバイ行きの搭乗口でお会いしました。
ドバイに到着し、巨大な免税店街を見ながら、入国審査場へ向かいました。空港出口では、ガイドの海野さんが待っていました。20分程で港に到着し、ライトアップされた豪華客船「クイーン・エリザベス」が見えました。いよいよ待ちに待った乗船です。乗船手続きはスムーズに進み、あっという間に客室へとお進みいただきました。

4月1日

・ドバイ市内観光(アラブ首長国連邦)

8時45分に1階のパーサーズオフィス前にご集合して頂き、観光へ出かけました。昨日と同じガイド・海野さんがご案内して下さいました。
まずは姉妹船で同じく世界一周クルーズの途中で寄港していた「クイーン・メリー2」の前で写真タイムです。「クイーン・メリー2」に乗船されたことがあるお客様は、とても感動されていました。ジュメールモスクや、自称7つ星のバージュアラブホテルでも写真タイムをとりました。その後、ヤシの木の形をした人口の島パームジュメイラ、世界一高いタワー・バージュカルファを見学しました。昔の住居を復元したバスタキアでお手洗い休憩をとり、最後の観光場所スーク(市場)へ向かいました。フリータイムでは金のアクセサリーを買われる方もいらっしゃいました。

観光後、「クイーン・エリザベス」内10階のヨットクラブで、日本人コーディネーターの永海さんから乗船の説明がありました。その後パーサーズオフィスでクレジットカードの登録をし、避難訓練がありました。18時からは「ブリタニアレストラン」で夕食です。盛りだくさんの一日でした。

ジュメールモスク ジュメールモスク バージュアラブホテル タワー・バージュカルファ スーク(市場) バスタキア バスタキア

4月2日

・終日(インド洋クルーズ)

船長のウェルカム・カクテル・パーティー 船長のウェルカム・カクテル・パーティー

本日は終日航海日です。
午前は船内説明会にご参加いただきました。午後は皆様ゆっくりとお過ごしになられました。夕食後、船長のウェルカム・カクテル・パーティーがありました。船長のお出迎え、記念撮影の後、会場へ入りました。オフィサーやイギリス人のご夫婦との会話をお楽しみいただきました。

4月3日

・サラーラ(オマーン)

タカ城 タカ城

いよいよ最初の寄港地サラーラに上陸です。
オプショナルツアーにご参加された方は、午後からシバ宮殿、タカ城、水の湧き出るアイムガーデン、乳香スーク(市場)を見学しました。シバ宮殿までの道中ヤシの木や、バナナの木、ラクダの大群が見えました。バスから降りると外気がとても暑く、砂漠の気候を肌で感じました。また地元の人々はアラブの民族衣装を着ていて、改めて異国の地にやって来たと実感しました。

4月4日

・終日(紅海クルーズ)

11時半に2階の時計台にお集まりいただき、ゴールデンライオンパブで皆様と昼食をとりました。イギリスの伝統的なフィッシュ&チップス、チキンカレーなどブリタニアレストランやリドとは異なるメニューをお楽しみいただきました。黒ビールがとても好評でした。
17時からは、よみうりオーシャンクルーズカクテルパーティーにご参加いただきました。世界一周クルーズにご参加の読売旅行のお客様にもお集まりいただきました。10階のコモドアクラブから見た日の入りは、とてもきれいでした。18時45分からプリンセス・グリルを対象とした、船長主催のカクテルパーティーがありました。ガーデンラウンジで開催されたパーティーは、映画の「タイタニック」を思わせるような優雅で素晴らしいものでした。

4月5日

・終日(紅海クルーズ)

朝8時から、2階のブリタニアレストランで皆様と朝食をいただきました。
おすすめの落とし卵やフレンチトーストを注文し、楽しいひと時をお過ごしいただきました。昼過ぎには日本人の為に、船長との記念撮影会が開催されました。皆様の自然と笑顔になる良いお写真が出来上がりました。

4月6日

・終日(紅海クルーズ)

皆様それぞれに、船内生活にも慣れてこられ、ダンス教室やさまざまなイベントに参加されました。
午後はアフタヌーンティーにお誘いし、おいしいスコーンやケーキ、サンドイッチを一緒にいただいたり、そこで誕生日を迎えられた方のお祝いもしました。

4月7日

・アカバ(ヨルダン)

久しぶりにの寄港地です。
終日自由に過ごされる方、アカバ市内と砂漠を見学するツアーや、ぺトラ遺跡を見学するツアーに参加され、思い思いの一日をお過ごしいただきました。アカバ市内のツアーにご参加された方はテントで昼食をとったり砦や博物館、砂漠を見学されました。ぺトラ遺跡のツアーは、たくさん歩きましたが、素晴らしい遺跡に皆様感動されていました。シークを歩いた感動はいつまでも忘れません。

ぺトラ遺跡 ビザンチン教会 ローマ劇場 シーク ぺトラ遺跡の警備員と馬

4月8日

・終日(紅海クルーズ)

午後のダンス教室・クイックステップに参加しました。お客様と一緒に「クイック、クイック」と言いながらステップを習いました。普段の生活とは違う動作で、筋肉痛になりました。
15時からは日本から持参した日本茶と羊羹、おかきでアフタヌーンティーを開催しました。お客様もお持ちになられたお菓子をご提供くださったりと、とても楽しいお時間でした。17時からはビンゴゲーム大会に参加しました。4回ビンゴが行われましたが、その内3回連続でビンゴを当てる方がいて、とてもとても驚きました。

4月9日

・スエズ運河通航

スエズ スエズ

いよいよ本クルーズのクライマックスとも言える、「スエズ運河通航」です。
「クイーン・エリザベス」が初めてスエズ運河を通航する記念すべき日です。多くの方が早朝5時頃から起きて、スエズ運河通航を待たれました。一日中デッキで撮影された方は、真っ黒に日焼けをされていました。スエズ運河出口近くにある日本・エジプト友好橋を11階のゲームデッキで見ました。日本の国旗があり、感動しました。11階でスエズ運河を見学した後は、パドルテニスやマットボウルズ、クリケットをしました。

日本・エジプト友好橋 日本・エジプト友好橋 スエズ スエズ

4月10日

・終日(地中海クルーズ)

午前中、ご希望の方とカジノに行きました。ルーレットの機械の使い方を外国人から教わりました。
14時からは乗組員が各部署のチームに分かれ、綱引き大会が行われました。予想以上に楽しいイベントで会場は大変盛り上がりました。船長も応援に来られていました。今夜のクイーンズルーム(ロイヤルナイト)のテーマはエジプシャンボールです。エジプトの民族衣装を身にまとった方がダンスを楽しまれておられました。

4月11日

・ピレウス(ギリシャ)

アクロポリス アゴラ シンタグマ広場 メリーナメリクリ

4日ぶりの寄港地観光です。
自由にピレウスの散策や、アテネ市内まで行かれる方、アクロポリスの丘とアテネ市内見学ツアーに参加される方がいらっしゃいました。アクロポリスの丘と市内ツアーでは、アシスタントの国武さんや、ガイドのバッソさんの楽しい案内がありました。アクロポリスの丘から見下ろす市内の風景、市内観光中どこからでも見えたアクロポリスの景色を、今でもはっきりと思い出せます。

4月12日

・終日(地中海クルーズ)

本日はイベントが盛りだくさんです。
午前は厨房見学があり、大きな厨房と大量の食材、実際に料理を作るシェフを見学しました。最後にチーフシェフと記念撮影をしました。
14時から英国風カントリーフェアがクイーンズルームで開催され、楽しいひと時を過ごされました。

4月13日

・チビタベッキア(イタリア)

ヴィラランテ庭園

午前はご希望の方と一緒に港周辺を散策しました。支倉常長の像を見学したり、大通りを散策したり、ショッピングを楽しみました。午後からは、船会社のオプショナルツアーでヴィラランテ庭園を見学しました。
至る所に噴水があり、とても素晴らしい庭園でした。庭園の見学後は皆様とイタリアンジェラートをテラスで食べ、楽しい時間を過ごしました。あの時の皆様の会話の声が今でも聞こえてきます。

4月14日

・終日(地中海クルーズ)

午後からショートマットボウルズ大会がありました。真剣に、楽しそうにゲームをされていらっしゃいました。
夕食後はリピーターズパーティーが開催されました。トータルで1500日以上クルーズをされている方が表彰されました。今晩のショータイムは「ラ・タンザ」で、迫力あるダンスショーでした。ショーの後、クイーンズルームで皆様のとても素敵なダンスを拝見しました。

4月15日

・終日(地中海クルーズ)

午前は卓球大会に参加しました。強豪がそろう中、迫力ある試合で、会場は大いに盛り上がりました。午後はロイヤルコートシアターでシェークスピアの劇を観賞しました。

4月16日

・リスボン(ポルトガル)

世界遺産シントラ 世界遺産シントラ

いよいよ最後の寄港地リスボンに上陸です。
リスボン市内を自由散策されたり、世界遺産シントラ・ロカ岬と市内ツアーに参加されました。ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬の眺めは、とてもきれいでした。王宮や、ジェロニモス修道院、ベレンの塔、発見のモニュメントを見学しました。朝8時半から17時過ぎまでの観光で、充実した楽しい一日でした。

世界遺産シントラ 世界遺産シントラ ベレンの塔 ロカ岬

4月17日

・リスボン・大西洋クルーズ

午前に下船説明会がありました。説明会後はブリタニアレストランにて、英国入国審査が行われました。
午後はアフタヌーンティーにお誘いし、ポルトガルのお菓子をいただきました。ロイヤルコートシアターで行われたプロダクションショーが大変好評でした。本日はシニアオフィサーズパーティーが開催されました。プラチナ・ダイヤモンド会員の方が参加されました。
夕食時に、結婚記念のお客様のお祝いをしました。ウェイターさんの温かい演出に、とても感動しました。お客様も大変喜ばれ、きっと忘れられない思い出になったのではないでしょうか。

4月18日

・終日(大西洋クルーズ)

船内で最後の一日となりました。名残り惜しい中、皆様思い思いに過ごされました。
アクティビティーで獲得したチケットの賞品引き換えや、船長のサイン会が行われました。あっという間に夕方になり、ブリタニアレストランで最後の夕食の時間となりました。ゆっくりとお話をしながら、食事を楽しみました。今夜の食事がとても印象に残っています。

4月19日

・サザンプトン下船⇒ロンドン市内観光⇒香港

バッキンガム宮殿

「クイーン・エリザベス」に別れを告げ、一路、ロンドン市内へ。
昼食は久しぶりの中華料理。とても好評で、皆様に喜んでいただけました。
ウェストミンスター寺院と、バッキンガム宮殿を見学し、ヒースロー空港へ向かいました。キャセイ・パシフィック航空にて一路、香港へ。

4月20日

・香港⇒日本帰国

香港に昼過ぎに到着。ここで関西空港へお戻りのお客様とお別れのご挨拶をさせていただきました。
20時40分成田空港に無事到着。皆様と最後のお別れをしました。皆様にとっての3週間はいかがでしたでしょうか。天候に恵まれた今回のご旅行でどの場面を思い浮かべていらっしゃいますでしょうか。
たくさんの楽しい思い出を、思い浮かべていただけたら幸いです。またお会い出来る日を心から楽しみにお待ち申し上げております。ありがとうございました。

クイーン・エリザベスの詳細はこちら

南極への旅はクルーズで!
南極旅行の情報はこちら

お問い合わせ