海外旅行特集ページ

グルメに美容、買い物、古宮巡り、カジノなど 魅惑の国 韓国特集

読売旅行では、韓国の魅力をたっぷり満喫できるプランを多数ご用意しております。ぜひこの機会に、韓国へ出かけてみませんか。
  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発
  • 関西関西空港伊丹空港
  • 南紀白浜空港
  • 神戸空港
  • 空港送迎付(関西エリア)

【関西空港発着】5つ星デラックスホテル グランドアンバサダーホテルに泊まる きらめきソウ…

◆ソウル煌きライトアップ観光付 ◆ソウルたっぷり観光に4つのグルメ付

コース番号:500-8053

8月31日〜12月17日出発

¥29,990〜¥56,990

【関西空港発着】秋彩!韓国のアルプス・江原道&ソウル4日間

2つの国立公園(雪岳山・五台山)、南怡島、高城、江陵、ソウルを巡ります!

コース番号:500-8014

10月22日〜10月30日出発

¥55,500〜¥76,500

【関西空港発着】≪ニコニコ企画≫得だ値プサン3日間

≪人気の金曜日出発もあります!≫駅近アクセス便利!快適スーペリアクラスホテルに2連泊!

コース番号:500-8022

9月4日〜10月23日出発

¥25,250〜¥48,290

【関西空港発着】4つの世界遺産を巡る!ぐるり満喫韓国3日間

≪10月下旬〜11月上旬は紅葉シーズン!≫快適スーペリアクラスに連泊!韓ドラ「薯童謡」「階伯」「イ・サン」ゆかりの地へ!

コース番号:500-8064

8月28日〜11月5日出発

¥39,900〜¥58,900

【関西空港発着】5つの世界遺産をめぐる!韓国うまいもんづくし3日間

≪10月下旬〜11月中旬は紅葉シーズン!≫屋根のない博物館「慶州」をたっぷり満喫★韓国絶品グルメ30選を含む計6回の食事付★

コース番号:500-8062

9月16日〜12月15日出発

¥39,900〜¥54,900

【関西空港発着】≪ニコニコ企画≫得だ値ソウル3日間

≪人気の金曜日出発もあります!≫駅近アクセス便利!快適スーペリアクラスホテルに2連泊!

コース番号:500-8020

9月1日〜10月18日出発

¥25,250〜¥37,290

【関西空港発着】飛行機直行便で行く!第15回釜山世界花火大会3日間

≪7月31日までのお申込みは早期割引適用!≫★スーペリアクラスホテル連泊 ★観覧席チケット付 ★軽食付 ★ひざかけプレゼント

コース番号:500-8042

11月1日〜11月2日出発

¥59,980〜¥89,980

【大阪港発着】パンスタードリームで航く!第15回釜山世界花火大会4日間

≪7月31日までのお申込みは早期割引適用!≫★有料観覧席S席チケット付 ★軽食韓国海苔巻きとお茶付 ★寒さ対策にひざかけプレゼン…

コース番号:500-8040

11月1日出発

¥39,980〜¥54,980

【関西空港発着】2泊7食!!充実観光付きのフルコース 目もお腹も心も まんぷく 済州島3日…

海沿いのスーペリアクラスホテル「リージェントマリ−ンザブルー」に2連泊!!

コース番号:500-8060

9月19日〜9月26日出発

¥52,980〜¥70,980

【関西空港発着】韓国2大競演「晋州南江流灯祭り」と「安東国際仮面舞フェスティバル」3日間

スーペリアクラスホテル宿泊!2大祭りを楽しんで、3つの世界遺産を巡って、名物料理を堪能して…みどころ満載!

コース番号:500-8045

10月2日〜10月4日出発

¥49,980〜¥67,980

【関西空港発着】おひとりでも満喫♪歴史感じるよくばりソウル3日間

シングル代込!バス席おひとり2席!地元グルメ満載!フォトジェニックな体験付!

コース番号:500-8061

9月18日出発

¥49,900

【関西空港発着】2泊7食!!充実観光付きのフルコース 目もお腹も心も まんぷく 済州島3日…

海沿いのスーペリアクラスホテル「リージェントマリ−ンザブルー」に2連泊!!

コース番号:500-8060

10月17日〜10月24日出発

¥56,980〜¥74,980

韓国基本情報

韓国地図
※都市名をクリックすると詳細情報をご覧いただけます。
ソウル
慶州
釜山
済州島
国名
大韓民国
旅券残存有効期間
入国時3ヵ月以上必要(日本国籍の場合)
観光査証
90日以内の観光は査証不要(日本国籍の場合)
※往復予約済航空券が必要
時差
日本との時差はない/夏時間はない
言語
韓国語
通貨単位
ウォン(KRW)
天候
こちらよりご確認ください

韓国 おすすめスポット

食もファッションも観光も!
ぜーんぶまとめて楽しむことができるソウル!

「食べる・買う・見る」の3つをまとめて楽しむことができる韓国の首都・ソウルは、東京からわずか約2時間半で行くことができる身近な海外です。「ソウル」とは“都(みやこ)”という意味で、その言葉通り、韓国料理を存分に楽しむことができる南大門市場や、ファッショナブルな若者たちで賑わう“日本の原宿”と呼ばれる明洞(ミョンドン)など、観光客のさまざまな欲望をまとめて満たしてくれる大都市です。韓国料理のおいしさに、ついつい食べすぎてしまった…という人は“韓国人の美意識の象徴”であるエステ巡りをする、という楽しみ方も。ソウルの名所を巡りたい人にオススメなのは、ユネスコの世界遺産にも登録されている宗廟(チョンミョ)です。ここは李氏朝鮮王朝の歴代王と王妃の位牌が祀られている儒教祠堂で、儒教の“聖地”とも言われています。毎年5月に開かれる祭祀儀礼は1464年から現在に至るまでその伝統が守られていて、1975年に重要無形文化財、2001年にユネスコ世界無形文化遺産に指定されています。

ソウル

画像提供:韓国観光公社

この都市にいくツアーを探す

明洞
画像提供:韓国観光公社

オシャレ好きなら一度は行きたい!
ソウル最大の繁華街・明洞

ソウル最大の繁華街で、「韓国の原宿」と呼ばれる街・明洞(ミョンドン)。1日で100万人以上の人が行き来するこの街の最大の魅力は、なんといってもショッピングでしょう。新世界百貨店やロッテワールドなどの高級ブランドを取り扱う韓国最大級のデパートがあり、さらにメインストリート沿いには韓流ファッションのお店が所狭しと並びます。ファッション製品と並んで充実しているのが化粧品。メインストリートや明洞芸術劇場付近には化粧品のお店が数多く並び、美意識の高い韓国人の心を満たす役割を担っています。海外でショッピングする際の不安材料の1つは「言葉」ですが、明洞に行ってみるとそこかしこで英語や日本語を巧みに操る店員さんの姿を目にすることでしょう。ファッションや化粧品に興味がない方もご安心を!韓国の伝統文化を体験できる施設「コリアハウス」のある忠武路(チュンムロ)や飲食店が豊富に並ぶ乙支路(ウルチロ)など、観光スポットもあります。

韓国最大の港町・釜山で獲れたての海鮮料理を
心ゆくまで味わう!

国内最大の港をもつ町・釜山(プサン)で楽しみたいものと言えば、「海鮮料理」。チャガルチ市場をはじめ、獲れたての海産物で観光客の舌を満足させてくれる店が多数存在します。釜山は日本の対馬とは約50kmの距離と非常に近いことから、古くから日本とも関係が深いことで知られています。現在も、対馬・下関・博多・大阪などからはフェリーで直接行くこともできるほど。気候は温暖で、ビーチリゾートも楽しめることから、毎年夏になると海雲台(ヘウンデ)や松島(ソンド)などの人気の海水浴場は多くの観光客で賑わいます。街の中心部へ行けば、世界最大級のデパート「新世界センタムシティー」を中心にショッピングスポットが集中しているので、飲食や買い物を心ゆくまで楽しむこともできます。若者に人気のスポットと言えば、映画館やナイトクラブが立ち並ぶ西部にある西面(ソミョン)。また、北部には温泉街もあるのでビーチやクラブで遊び疲れたら、ゆっくりと体を休めることもできます。

釜山

画像提供:韓国観光公社

この都市にいくツアーを探す

「韓国の京都」と呼ばれ、
世界遺産が多数存在する慶州

朝鮮半島の南東部に位置する慶州(キョンジュ)は、朝鮮半島を史上初めて統一した「新羅王朝」が栄えた街として知られています。668年の統一以後、935年まで栄華を極めた新羅王朝時代、国が仏教を積極的に広めました。そのため、現在も街中には数多くの仏教遺跡が存在します。「日本の京都」ともたとえられる慶州は、南山地区・月城地区・大陵苑地区・山城地区・皇龍寺跡地区の5つのエリアが世界遺産として登録されている「遺産の街」でもあります。特に、東部にある仏国寺や石窟庵や、仏像などは必見のスポット。「ただ歩いているだけで遺産が目に入る」と言われるほど遺跡が多いため、慶州は観光客や修学旅行の学生たちでいつも賑わっています。見るところがあまりにたくさんあるので計画を事前にしっかりたててからまわることをオススメします。宿泊してゆっくりまわりたい場合は、普門湖周辺は高級ホテルが並ぶ有名リゾート地なので、一度チェックしてみるとよいかも。さぁ、慶州散策で新羅王朝の時代へとタイムスリップしてみましょう!

慶州・世界遺産「仏国寺」

画像提供:韓国観光公社

この都市にいくツアーを探す

南国ムード漂う「韓国のハワイ」こと、済州島でリゾートを満喫しよう!

「韓国のハワイ」と呼ばれる有数のリゾート地・済州島(チェジュド)。日本から行く場合は成田・関西・中部・福岡から直行便があり、韓国の首都・ソウルから行く場合は飛行機でわずか1時間の距離にあります。都会を離れて「ゆったり、のんびり旅をしたい!」という人には南国ムードあふれる済州島が絶対にオススメ。済州島は大まかに言えば、北部の旧済州(クチェジュ)と新済州(シンチェジュ)、南部の中文(チュンムン)と西帰浦(ソグィポ)の4エリアに分かれています。エリアごとに特色が異なるため、まずは「自分の行きたいスポット、やりたいこと」をリストアップしてみましょう。旧済州は島最大の在来市場と史跡巡りが人気のエリアで、新済州は都会的な街でレストランやショップが立ち並びます。中文は美しい海を眺めるリゾート地で、西帰浦は漁業と農業が盛んな町として知られています。マリンスポーツやゴルフだけでなく、いろいろな楽しみ方ができる済州島の魅力を存分に堪能しましょう!

済州島・トルハルバン

画像提供:韓国観光公社

この都市にいくツアーを探す

  • 韓国訪問の年 2016-2018
  • 韓国観光公社
  • みんコリ みんなの韓国旅行
  • 江原道
  • VisitSeoul.net
  • 済州観光公社
  • 京畿観光公社
  • 釜山観光公社

焼肉・キムチ・韓国宮廷料理などのグルメ、韓流ドラマのロケ地巡りや世界遺産の観光、ショッピングをおもいっきり楽しめる読売旅行の海外パッケージツアーで韓国へ!