読売旅行|海外ツアー|特集ページ
ミャンマー仏陀とともに生きる神秘の国
  • ミャンマーの魅力
  • 観光地情報
  • おすすめスポット
  • ツアー一覧
  • ミャンマーについて

ミャンマーの魅力

〜旅の醍醐味を感じることができるミャンマー〜

  ミャンマーでは仏教が深く根付いており、人々の信仰心は篤く、男性は生涯に一度以上必ず出家をします。喜捨する人たちは決して裕福とはかぎらないのですが、経を唱え托鉢にまわる僧侶を待ち遠しそうにしています。
1989年に国名が「ビルマ」から「ミャンマー」へと変わり、観光にも力を入れはじめましたが、男女問わずロンジーというロングスカートのような民族衣装を纏い、日焼け止め・美白効果があるタナカパウダーという木の皮から作った天然の化粧品を塗って、昔ながらの素朴な生活をしています。
  インレー湖の近くには首長族として有名なパダウン族が住んでおり、お土産店などで機織をする首長族の女性に会うこともできます。
  温かく迎え入れてくれるミャンマーの人々の優しさと笑顔、美しい仏教遺跡や豊かな自然を体感する旅に出かけてみませんか。一歩足を踏み入れたときからあなたを旅人にしてくれるでしょう。

観光地情報

観光地をクリックすると詳細をご覧いただけます。
  • アマラプラ
  • バガン
  • ポッパ山
  • バゴー
  • マンダレー
  • インレー湖周辺
  • ゴールデンロック
  • ヤンゴン

おすすめスポット

ヤンゴン

2006年に首都がネービードーに移るまでミャンマーの首都(旧称ラングーン)でした。イギリス植民地支配の名残が見られるコロニアル建築、インド人街や中国人街などのエスニックな通り、巨大で活気あふれるマーケットなどミャンマーの政治経済の中心となっています。

ヤンゴン

シュエダゴンパゴダ

2500年前に創建されたと伝わるミャンマー最大の聖地。丘の上に巨大な黄金の仏塔が建ち並ぶヤンゴン観光のハイライト。ミャンマー仏教の総本山として、一年中熱心な祈りを捧げる参拝者たちでにぎわっています。

  • シュエダゴンパゴダ
  • シュエダゴンパゴダ
  • シュエダゴンパゴダ
  • シュエダゴンパゴダ
チャウットジーパゴダ

チャウットジーパゴダ

高さ17.7m、長さ65.8mのヤンゴンで一番大きな寝釈迦仏。足の裏には108の仏教宇宙観図が描かれており圧巻。

スウェドー・ミャッパゴダ

スーレー・パゴダ

ヤンゴンの中心部にある、高さ約48mの黄金色のパゴダを持つ寺院。丸いパゴダが一般的ですが、八角形をしているのが特徴です。

市庁舎

ヤンゴン市庁舎

英国植民地時代の1903年に立てられた伝統的なミャンマースタイルの建築物。

ヤンゴンに行くならこちらから
  • 航空券のみ探す
  • ホテルのみ探す
  • 航空券+ホテルを探す

世界三大仏教聖地  バガン

世界にも類を見ない遺跡群は、カンボジアのアンコール・ワットやインドネシアのボロブドゥールとともに「世界三大仏教遺跡」に数えられているバガン遺跡。数千ものパゴダ(仏塔)や寺院が点在して立ち並ぶ姿が、荘厳ともいえる風景を作り出しています。

世界三大仏教聖地  バガン
アーナンダ寺院

アーナンダ寺院

「ビルマのウエストミンスター寺院」とも称えられるバガン遺跡の中で最も有名な寺院のひとつです。

シュエサンドーパゴダ

シュエサンドーパゴダ

5層のテラスの上からは、バガン遺跡の荘厳な景色を見渡せます。ここから眺める夕日の美しさは格別です。

ブパヤパゴダ

ブパヤパゴダ

高さ約100m、方形の基壇には5層のテラスがあり、大きなベル形の仏舎利塔がシンボルです。

ポッパ山麓の天空の寺院都市「タウン・カラッ」

ポッパ山

高さ737mの巨大な岩タウン・カラッ。大噴火によって吹き飛ばされてきた巨大な岩が突き刺さったといわる伝説も納得したくなるミャンマー七不思議のひとつ。

ポッパ山
ミャンマーをめぐるツアーはこちらから

「ビルマの竪琴」の舞台  バゴー

ヤンゴン近郊にある、モン族の王都があった古都。13〜16世紀に王朝の首都として栄えたバゴーは、ミャンマーのなかでもひときわ有名な古代都市です。仏教遺跡がいくつも復元されていて、史跡や寺院巡りを楽しむことができます。

シュエターリャウン

シュエターリャウン

東南アジアの仏教国を訪れると必ずと言っていいほど目にするのが寝釈迦仏。やや細面で、目鼻立ちがはっきりしている仏様です。

チャイプーンパゴダ

チャイプーンパゴダ

4体の仏像がそれぞれ別々の方向を見ている、ちょっとユニークなパゴダです。

博物館(旧王宮敷地内)

博物館(旧王宮敷地内)

金色の細かい塔がいくつも立ち並んだような外観、内部のタイルの細かな装飾などが特徴なので、芸術が好きな方は必見のスポットです。

ミャンマーをめぐるツアーはこちらから

マンダレー

マンダレーはミャンマー第2の都市であり、ミャンマー仏教文化と信仰の中心地。街のいたる所にその歴史を彷彿させるパゴダが点在しています。また、イギリスに併合されるまで、独立を保った最後の王朝の首都でもありました。

マンダレーヒル

マンダレーヒル

山全体が聖地となっています。山頂部にはマンダレー最古の仏塔があり、広大な旧王宮や市外を一望することができます。

旧王宮

旧王宮

ミンドン王が4年の歳月をかけて造った王宮の跡地。戦後はミャンマー国軍の施設として利用されていました。

マハーガンダーヨン

マハーガンダーヨン

国内最大級にして最高位の僧院には、全国各地からたくさんの僧侶が修行に集まってきます。毎朝、1,500人にも及ぶ修行僧の托鉢風景は圧巻です。

アマラプラ

アマラプラ

マンダレーの南11kmのところにあるアマラプラは2度都となった町。160年前にかけられたウーペイン橋とマハーガンダー寺院が見どころです。

アマラプラ
マンダレーに行くならこちらから
  • 航空券のみ探す
  • ホテルのみ探す
  • 航空券+ホテルを探す

手つかずの遺跡が残る神秘の地 インレー湖周辺

海抜1,300メートルのシャン高原にあるインレー湖。ここでは水上に家を建てて暮らすインダー族や首長族に触れ合うことができます。また周辺には、最近まで外国人の立ち入りが禁じられていたため、最近まで知られていなかった遺跡が荒らされずに残っています。

インレー湖

インレー湖

インダー族の片足で操るユニークな船の漕ぎ方、湖面に浮かぶ水上集落や寺院、首長族のいるお土産屋などが見どころです。

カックー遺跡

カックー遺跡

2000年に外国人旅行者に開放された幻の遺跡。50m×100mの敷地に約2,400基もの仏塔が立ち並ぶ様は一見の価値があります。

ミャンマーをめぐるツアーはこちらから

“落ちそうで落ちない”奇跡の岩  ゴールデンロック

金箔の貼られた岩の上にある仏塔は高さ7m。この巨岩が不思議だといわれている理由は、半分以上がはみ出しているにもかかわらず落ちないからです。この仏塔にお釈迦様の髪の毛が入っており、その霊力で浮いているとミャンマーでは信じられています。

“落ちそうで落ちない”奇跡の岩  ゴールデンロック
ミャンマーをめぐるツアーはこちらから

ミャンマー  ツアー一覧

  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 茨城空港
  • 空港送迎付(関東エリア)
  • 空港送迎付き(山梨県発)

【成田空港発着】ANA直行便で行く!黄金に輝く神秘の国ミャンマー大周遊(8日間)

幻のカックー遺跡と奇跡の岩「ゴールデンロック」・バガン・マンダレー・インレー湖・バゴー・ヤンゴンを網羅したハイライトコース!

コース番号:100-8373

11月24日〜3月22日出発

¥199,800〜¥289,800

ミャンマー連邦共和国ミャンマー連邦共和国について

正式名称

ミャンマー連邦共和国

首都

ネーピードー

公用語

ビルマ語

通貨単位

ミャンマーチャット

プラグ

タイプ

旅券残存
有効期間

ミャンマー入国時6ヶ月以上+
旅券にビザ捺印用の余白1ページ必要
※日本国籍の場合

時差

現在の日本とミャンマーとの時差は、2時間30分です。日本の方が、2時間30分進んでいます

気候

気候

観光査証
(ビザ)

査証(ビザ)取得が必要となります。弊社にて取得代行とさせていただきますので、個人での取得はご遠慮いただいております。※日本国籍の場合
その際、実費5,200円+委託代行料1,000円+取得手数料4,320円が別途必要となります。また以下の書類のご提出をお願いいたします。

  1. 1.有効なパスポート(入国時6ヶ月以上の有効期限とビザ捺印用ページが残っていること)
  2. 2.カラー証明写真(6ヶ月以内・35mm×45mm)1枚
  3. 3.ビザ申請書 1通(弊社にてご用意したものにご本人の署名が必要)
  4. 4.高校生以下の未成年が親の同行無に参加の場合は親の同意書が必要

グルメと名産品

中華・タイ・インド料理が気候風土に合った進化を遂げたのがミャンマー料理です。ミャンマーで約70%を占めているビルマ料理は、スパイスの使用が他のアジア料理と比べると控えめなことと、ココナッツミルクなどでマイルドに味付けされていることが多いのが特徴です。他のアジア料理とは異なる独特な味がやみつきになる方もいるそうです。

  • モヒンガー

    モヒンガー

    米粉麺をナマズなどの魚からダシをとったスープで食べるミャンマーの国民食。

  • トーモン

    トーモン

    もち米をつぶしたお菓子。モチモチした食感で、上にレーズンなどがかかっています。

  • ミャンマー風<br>春巻き

    ミャンマー風
    春巻き

    具は肉のものや、豆をつぶしたものなど様々。皮は薄目でパリパリ。

  • カウスェ・トゥ

    カウスェ・トゥ

    麺をキャベツやニンニク、唐辛子、海老天などを入れてオリジナルソースで和えた汁なし麺。朝食に好まれます。

  • ガーピョー

    ガーピョー

    もち米で作ったバナナケーキ。おやつにお茶と一緒に頂きます。

  • 食べる茶葉ラペットゥ

    食べる茶葉
    ラペットゥ

    発酵させた茶葉にナッツやニンニク、干しエビなどを油で混ぜたもの。お茶請けやおつまみに。

  • サモサ

    サモサ

    キャベツと玉葱を炒めてスパイスで味付けしたものを皮で三角に包んで揚げたもの。甘辛いソースを付けて食べます。

  • ミャンマービール

    ミャンマービール

    アジアのビール特有の軽さはもちろんキレがよく、スパイシーで油の多いミャンマー料理に良くあいます。

  • 銀製品

    銀製品

    シャン州にある2つの銀鉱山から良質な銀がとれます。お土産には指輪などが人気。

  • 漆製品

    漆製品

    バガンがミャンマー最大の生産地。彫り込みを入れて繊細な模様付けしたものなどがあります。

世界遺産

ミャンマー初の世界遺産ピュー古代都市群

2014年にミャンマー初の世界遺産として登録された「ピュー古代遺跡群」とは、エーヤワディー川流域に残る、紀元前2世紀から紀元9世紀ごろまで、約1100年もの間栄えたピュー王国の遺跡です。レンガ造りの城壁内にはストゥーパ(仏塔)や寺院などの建造物が残っています。

  • ボーボージーパゴダ

    ボーボージーパゴダ

  • ベーベーグー寺院

    ベーベーグー寺院

  • アシャイゼーグー

    アシャイゼーグー

おすすめ関連特集

  • マレーシア
  • 微笑みの国・タイ
  • 麗しの島・台湾周遊ツアー
  • 中国  悠久の地を巡る
  • 東南アジア  ベトナム
  • 東南アジア  カンボジア

読売旅行のミャンマーツアー。黄金に輝く仏塔やゴールデンロック、バガンの遺跡群など、神秘的な場所がたくさんあるミャンマーを周遊するなら読売旅行のミャンマーツアー。魅力的な観光地をめぐり、ミャンマーの文化に触れることができる旅にごあんないします。ツアーのご予約・お問い合わせは読売旅行へ。