ツアー詳細

国内旅行/ツアー詳細

コース番号

日数

食事

添乗員

最少催行人員

取扱い営業所

305-3101-030

2泊3日

朝食2回 昼食2回 夕食1回付

同行

20名

東北・北海道WEB予約センター

東北・北海道WEB予約センター地元空港から「よみうりチャーター便」で乗り換えなしで楽々最北の地へ!

【いわて花巻空港発着】さいはての 夢の浮島「利尻島」、花の楽園「礼文島」、日本最北の地「宗谷岬」3日間

※燃油特別付加運賃として往復で1,700円が別途必要となります(料金は変更となる場合がございます)本ツアーの予約受付は終了しました。

コースのポイント

宗谷岬(イメージ) (C)YTS

宗谷岬(イメージ)
(C)YTS

【ネット割り】…インターネット予約はお一人様500円割引!

【旅のポイント】
●地元いわて花巻空港から楽々よみうりチャーター便で北海道最北端の稚内へ!!
●さいはての島 夢の浮島「利尻島」、花の楽園「礼文島」へ!
●遥かサハリンを望む日本最北端の岬 宗谷岬へ!
●北海道遺産にも登録される北防波堤ドームもご見学!
●うに丼など北の味覚もご満喫!!

フジドリームエアラインズ(イメージ)
画像提供:フジドリームエアラインズ

利尻島/鴛泊港から見る利尻富士(イメージ)
画像提供:利尻はなガイドクラブ

スコトン岬・トド島(イメージ)
画像提供:礼文島観光協会

礼文島・花ハイキング風景(イメージ)
画像提供:はなガイドクラブ 北海道事務所

ウニ丼 武ちゃん寿司(イメージ)
画像提供:武ちゃん寿司

主な観光スケジュール

日次

日程

食事

1日目

いわて花巻空港(7:00〜9:00)……《よみうりチャーター便にて乗り換えなしで最北の北海道・稚内まで一直線!!》…… 稚内空港 ----【○宗谷岬】(遥かサハリンを望む日本最北端の岬)----【○稚内副港市場】----【○稚内公園・氷雪の門】(遠くサハリンの島影が浮かび上がります)----【●稚内市北方記念館・開基百年記念塔】----【○ノシャップ岬】(利尻島、礼文島を展望)---- 北海道遺産【○北防波堤ドーム】---- 稚内市内(泊)

2日目

稚内 ---- 稚内港 〜〜〈ハートランドフェリー/2等船室〉〜〜 利尻島・鴛泊港 ----《夢の浮島 利尻島》【○姫沼】(利尻富士を湖面に映す神秘の湖をミニハイキング)----【○オタトマリ沼】(湿原とエゾマツ原生林に囲まれた島内最大の湖)----【○仙法師御崎公園】(奇岩怪石の景勝地)----【○利尻島内/名取本店】(利尻名物「ウニ丼」の昼食 ※苦手な方には海鮮丼に変更が可能です)---- 鴛泊港 〜〜〈ハートランドフェリー/2等船室〉〜〜 礼文島・香深港 ----【○スコトン岬】(遠くサハリンを望む礼文島最北の岬)----【○澄海岬】(コバルトブル-の海を眼下に望む景勝地)---- 礼文島内(泊)

朝
昼
夕

3日目

礼文島 ----【花の楽園 礼文島】選べる観光コース A:現地専門花ガイドと共に高原ミニウォーク。約120分・2.5km。花本とルーペ付! /B:バスガイドさんの案内で「桃台猫台展望台」、「元地海岸」観光)---- 香深港 〜〜〈ハートランドフェリー/2等船室〉〜〜 稚内港 ----【○北市場】(海産物のお買物)---- 稚内空港 ……〈乗り換えなしで地元空港へ一直線!!〉…… いわて花巻空港(16:30〜19:30頃着)

朝
昼

【マークの説明】

(--または=)バス  徒歩       ●入場観光  ○下車観光  △車窓観光
飛行機  新幹線  JR  列車  船・フェリー  ロープウェイ・ケーブルカー

【添乗員】 ※添乗員は往路:いわて花巻空港から復路:いわて花巻空港まで同行致します。

主な乗車場所と予定時間

いわて花巻空港(7:00〜9:00発)
※ご出発のお時間は、出発約一週間前にお届けする最終日程表にてご案内いたします。

空席状況照会カレンダー

ご希望日付の[旅行代金]をクリック下さい。空席照会結果・ツアー情報入力画面に進みます。

本ツアーの予約受付は終了しました。

2019年7月



1



2



3



4



5



6



7



8



9



10



11



12



13



14



15



16



17



18



19



20



21



22



23



24



25



26



27



28



29



30



31



 

 

 

ご希望の出発日内の旅行代金をクリックすると、「空席照会画面」へ進みます。

【バス前方席プランのご案内】 対象コース:サブタイトル並びにオプション項目にバス前方席プランを表示
別途料金500円(お一人様・1日)にて、バス前方3列目までのお席を確保致します。
※乗務員側の2列目座席は業務用として使用致します。
※空港や駅・港までの送迎バス、個人旅行は対象外になります。
※事前予約が必要です。当日のお申し込みは受けかねます。
※1〜3列の中での座席指定は受けかねます。
※お一人様参加や奇数グループの方は相席となり、男女での相席にてご案内する場合もございます。
※前方席が満席ならびに人数追加やツアー変更の際(当社都合の場合を含む)はお席を確保できない場合がございます。

※旅行代金は、基本旅行代金(お一人様)です。詳細は次画面に表示されます。
※「満席」表示の出発日は、キャンセル待ちでのご予約ができます。
※「満席」表示は、催行決定の意味ではありません。ご予約の取消などの人数変動により催行中止となる場合があります。
※「リクエスト受付」の出発日は、予約の可否を折り返し担当者よりご連絡いたします。
※「催行決定」の表示は、その出発日が出発確定していることを表しています。
※「催行中止」の表示は、最少催行人員に達しなかった、又はその他の事由によりツアーが中止になったことを示しており、
   すでにご予約いただきましたお客様につきましては、取扱営業所から代表者様へご連絡させていただきますので、
   しばらくお待ち下さい。
※受付中の表示でも、旅行代金別、部屋タイプ別、乗車場所により残席がなく予約がとれない場合があります。
   詳細をお調べ致しますので、取扱営業所までお問合せ下さい。
※また、ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承下さい。  

備考

※稚内市内は3名様以上でのご参加の場合お部屋が分かれてのご案内となる場合がございます
※お一人様でのご参加の場合、1名様部屋でのご利用ではお受けできませんが、男女別相部屋でご参加承ります。料金は4名様1室料金となります(ランクアッププランは承れません)
※生うに丼は当日の漁獲によりご用意できない場合がございます
※礼文島選べる観光コースは事前申し込みとなり、出発2週間前以降は変更できません
※行程・宿泊順序が変更になる場合がございます。
※チャーター便利用のためフライトスケジュールが変更になる場合がございます
※燃油サーチャージの金額は旅行代金に含まれておりませんので、別途お支払いが必要になります。また予告なく変更になる場合がございます。その為増額の際は不足分を追加徴収し、減額の際は差額を返金いたします※各地からの合同企画となる為、空港内で往復とも待ち合わせのお時間を頂きます。

■宿泊ホテル
【稚内市内】国民宿舎・氷雪荘、ホテルおかべ汐彩亭、ホテルめぐま、ドーミーイン稚内、稚内グランドホテル、
ホテル御園、ホテル美雪、稚内全日空ホテル、ホテル滝川、喜登、ホテルサハリン、ホテル大将
【礼文島内】三井観光ホテル、旅館桜井、ホテル礼文、かもめ荘、花れぶん、コリンシアン、きりり、花れぶん

■利用バス会社
宗谷バス 又は同等クラス
※同等クラスのバス会社につきましては、下記の貸切バス会社一覧をご確認下さい。

■利用航空会社
FDA

貸切バス会社一覧

(注)航空機利用商品は、出発日前日より起算して21営業日を過ぎた場合、旅行参加者の名前・年齢・性別の変更はできません。

取引条件説明書面については、以下のいずれかの方法で交付となります。
①電磁的方法による交付(オンライン上でのクレジットカードお支払をご希望の場合はこちらになります。)
このページと、以下のリンクまたは予約途中に表示される「旅行条件書」、参加者情報入力後の「ご予約確認ページ」をお客様の機器に保存するか、それぞれを印刷して下さい。これにより、当社は取引条件を説明し、同書面を交付したものとして取り扱わせていただきます。
②郵送による交付方法
取引条件説明書面は、別途「振込用紙」等と共に郵送させていただきます。取引条件説明書面の内容をご確認の上、旅行代金をお支払い下さい。

お客様の状況によっては、当初の手配内容に含まれていない特別な配慮、措置が必要になる可能性があります。
詳細は、「旅行条件書」の「お申し込み条件」を確認のうえ、特別な配慮・措置が必要となる可能性がある方は、ご相談させて頂きますので、必ずお申し出ください。

ご旅行条件

【旅行企画・実施】観光庁長官登録旅行業第91号
株式会社読売旅行  東北・北海道WEB予約センター
 〒980-0021  仙台市青葉区中央2−3−6  読売仙台ビル
 窓口営業時間 10:00〜16:00(土曜、日曜、祝日は休ませていただきます。)
 電話受付時間 09:30〜17:30(日曜・祝日は休ませていただきます。)
 電話:022-266-8085   FAX:022-222-5866
 総合旅行業務取扱管理者/田中舘 任