【厚狭・小野田・宇部・山口エリア出発】松竹大歌舞伎公演 INいわみ芸術劇場 (日帰り) の国内ツアー詳細|読売旅行 山口予約センター

国内旅行ツアー詳細

【厚狭・小野田・宇部・山口エリア出発】松竹大歌舞伎公演 INいわみ芸術劇場 (日帰り)

【バス前方席プラン】片岡仁左衛門(人間国宝)ほか豪華出演者による、名作二演目をグラントワ大ホールにてお楽しみください!

  • 松竹大歌舞伎 画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

    松竹大歌舞伎
    画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

  • 松竹大歌舞伎 画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

    松竹大歌舞伎
    画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

  • 松竹大歌舞伎 画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

    松竹大歌舞伎
    画像提供:島根県芸術文化センター「グラントワ」

旅行代金

15,990円

コース番号
890-0066
日 数
日帰り
食 事
昼食1回付
添乗員
同行
最少催行人員
35名

コースのポイント

■島根県立いわみ芸術劇場・グラントワ開館15周年記念事業
■片岡仁左衛門(人間国宝)ほか豪華出演者による、正札附根元草摺・義経千本桜「木の実」「小金吾討死」「すし屋」の名作二演目をグラントワ大ホールにてお楽しみください!
【正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)】
 曽我五郎は父の仇を討つために、鎧を小脇に抱えて工藤の館へ駆け付けようとしています。今はその機会ではないと五郎を止めよ うとするのは小林朝比奈の妹舞鶴。いずれも力自慢の二人は鎧の草摺(胴の裾の部分)を引き合います。
 曽我兄弟の仇討を題材にした作品で、荒事の豪快な趣向と華やかさを併せ持つ長唄の舞踊です。
 歌舞伎の絵面美にみちた舞台をご堪能ください。
【義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)「木の実」「小金吾討死」「すし屋」】
 平維盛の行方を捜す平維盛の妻・若葉の内侍と嫡子・六代君、家臣の小金吾の一行。そこへ、いがみの権太が現れ、小金吾に因縁を つけて金を巻き上げます。その直後、小金吾は追手の猪熊大之進らに囲まれてしまいます。内侍たちは何とか落ち延びますが、奮戦 する小金吾はあえなく討死してしまいます。そこへ、偶然通りかかった権太の父・弥左衛門は、小金吾の首を持ち帰るのでした。 
 すし屋を営む弥左衛門は、実は維盛を奉公人の弥助として匿っています。その弥助に恋をしている弥左衛門の娘のお里は、その素性 を知り、悲しみに暮れます。その後、ほどなくして鎌倉方の重臣梶原景時が詮議に訪れますが、権太が褒美欲しさに維盛の首と内侍 親子を突き出してしまいます。これに怒った弥左衛門は思わず権太を刀で刺しますが、意外な真実が明かされ…。 
 歌舞伎三大名作の一つに数えられている『義経千本桜』は全五段からなる人気狂言です。今回上演される「木の実」「小金吾討死」「すし屋」はこの三段目にあたり、いがみの権太と呼ばれるならず者が、死を前にして改心し、維盛の窮地を救う幕切は、悪人と思わ れた人物が善人に回帰する「もどり」と呼ばれる演出で、悲劇を一層引き立たせます。 
 義太夫狂言の名作をご堪能ください。

主な観光スケジュール

日次 日程 食事
1日目 各地--【島根県芸術文化センター「グラントワ」】(12時30分よりグラントワ大ホールにて「松竹大歌舞伎公演」をお楽しみ下さい<約3時間予定>)--各地(18:20〜20:00頃)
食事
朝:× 昼:○ 夕:×

マークの説明

(--または=) バス 徒歩 入場観光 下車観光
車窓観光
飛行機 新幹線 JR 列車
船・フェリー ロープウェイ・ケーブルカー

添乗員

同行いたします。但し、バスガイドは同行いたしません。

集合場所と予定時間

厚狭駅在来線口(7時45分)―小野田駅(8時00分)―小野田公園通バス停(8時10分)―流川バス停(8時15分)―宇部新川駅待合室(8時30分)―ときわ公園入口バス停(8時40分)―今村バス停(8時45分)―旧中央病院前バス停(8時50分)―阿知須中学校前バス乗り場(9時00分)―新山口駅新幹線口(9時20分)

空席状況照会カレンダー

ご希望日付の[旅行代金]をクリック下さい。空席照会結果・ツアー情報入力画面に進みます。

設定期間 2020年04月11日〜2020年04月11日

2020年4月
2020年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 

 

ご希望の出発日内の旅行代金をクリックすると、
「空席照会画面」へ進みます。

【バス前方席プランのご案内】
対象コース:サブタイトル 並びにオプション項目にバス前方席プランを表示
別途料金500円(お一人様・1日)にて、バス前方3列目までのお席を確保致します。
※乗務員側の2列目座席は業務用として使用致します。
※空港や駅・港までの送迎バス、個人旅行は対象外になります。
※事前予約が必要です。当日のお申し込みは受けかねます。
※1〜3列の中での座席指定は受けかねます。
※お一人様参加や奇数グループの方は相席となり、男女での相席にてご案内する場合もございます。
※前方席が満席ならびに人数追加やツアー変更の際(当社都合の場合を含む)はお席を確保できない場合がございます。

※旅行代金は、基本旅行代金(お一人様)です。詳細は次画面に表示されます。
※「満席」表示の出発日は、キャンセル待ちでのご予約ができます。
※「満席」表示は、催行決定の意味ではありません。ご予約の取消などの人数変動により催行中止となる場合があります。
※「リクエスト受付」の出発日は、予約の可否を折り返し担当者よりご連絡いたします。
※「催行決定」の表示は、その出発日が出発確定していることを表しています。
※「催行中止」の表示は、最少催行人員に達しなかった、又はその他の事由によりツアーが中止になったことを示しており、
すでにご予約いただきましたお客様につきましては、取扱営業所から代表者様へご連絡させていただきますので、
しばらくお待ち下さい。
※受付中の表示でも、旅行代金別、部屋タイプ別、乗車場所により残席がなく予約がとれない場合があります。
詳細をお調べ致しますので、取扱営業所までお問合せ下さい。
※また、ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承下さい。

備考
※2018年1月1日出発分より順次、特にこちらからから確認・変更事項がない限り、一部ツアーで「添乗員からの事前確認のお電話を廃止」させて頂くことになりました。
【対象コース】コース番号890-から始まる“山口営業所主催”ツアー「バスツアー(日帰り・宿泊)」「フェリーコース」
※バスコースで、1乗車地10名様以上のグループのお客様は、ルート上のバス停に限り途中乗車頂けます。但し、出発日・コースによってはご希望に添えない場合がございます。
※以前よりお受けしておりました復路バス停での途中下車は、平成28年1月1日以降よりお断りさせていただく事になりました。復路バス下車場所は、原則往路バス乗車場所となります。ツアー当日又はツアー中の変更はお受けできませんので、予めご了承ください。
※バスのお座席はお申込み順となります。当日の添乗員よりバスのお座席表をお渡し致します。尚、宿泊コースの場合、2日目以降のバス席は交替制です。(奇数人数でお申し込みの場合・満席の場合は申込順にならない場合がございます)
※旅行契約の成立後、お客様のご都合で旅行を取り消される場合には、ご旅行条件書記載の既定取消料を申し受けます。
お取り消しの結果、お部屋利用人数減による割増代金が発生する場合がございます。
※中型バスでの運行になる場合がございます。
※ご乗車場所を変更される場合は、出発日の7日前までにご連絡下さい。
※バス車中は禁煙にご協力下さい。
※上記行程及び時間は、天候・道路状況等により変更になる場合がございます、予めご了承下さい。
※道路交通法が改正され、観光バスの後部座席にもシートベルト着用が義務付けられました。これにより添乗員も原則として正席を利用させて頂きますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
※お客様が最少催行人員に満たない場合は、旅行の実施を取りやめる場合があります。その際は旅行開始日の前日より起算して13日目(日帰り旅行については3日目)にあたる日より前にその旨ご連絡し、お客様よりご旅行代金をお預かりしている場合は全額返金いたします。 【振込手数料は返金できません】
■利用バス会社
ナカノワークまたは同等クラス
※「同等クラス」のバス会社については、以下「貸切バス会社一覧」からご覧頂くか、当社HPの「貸切バス会社」一覧(https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/bus_list/)をご覧下さい。当社HPをご覧になれない方でご希望の方は当社営業所にご請求ください。
貸切バス会社一覧

(注)航空機利用商品は、出発日前日より起算して21営業日を過ぎた場合、旅行参加者の名前・年齢・性別の変更はできません。

【旅行企画・実施】観光庁長官登録旅行業第91号
株式会社読売旅行  山口予約センター
 〒754-0021  山口市小郡黄金町  7−4 山本ビル
 窓口営業時間 10:00〜16:00(土曜・日曜・祝日は休ませていただきます。)
 電話受付時間 09:30〜17:30(日・祝日は休ませていただきます。)
 電話:083-973-5511   FAX:083-973-5514
 総合旅行業務取扱管理者/福山 浩之

このページのトップへ