【羽田空港発着】新せとうち周遊10景 大塚国際美術館・鳴門・姫路・倉敷・淡路島・こんぴら・栗林公園3日間 の国内ツアー詳細|読売旅行 関東予約センター

> > ツアー詳細

国内旅行ツアー詳細

【羽田空港発着】新せとうち周遊10景 大塚国際美術館・鳴門・姫路・倉敷・淡路島・こんぴら・栗林公園3日間

《読売ロマンの旅》 2泊ともにオーシャンビューの絶景温泉ホテルに宿泊!充実の食事6回付!<バス席前方プラン対象コース>

  • 「システィーナ・ホール」 写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです

    「システィーナ・ホール」
    写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです

  • 国宝姫路城 画像提供:姫路市役所広報課 ※天守閣は別途1000円

    国宝姫路城
    画像提供:姫路市役所広報課
    ※天守閣は別途1000円

  • あわじ花さじき・バーベナボナリエンシス 画像提供:(財)兵庫県園芸公園協会緑花推進事務所

    あわじ花さじき・バーベナボナリエンシス
    画像提供:(財)兵庫県園芸公園協会緑花推進事務所

  • 倉敷 画像提供:フォト・オリジナル

    倉敷
    画像提供:フォト・オリジナル

  • お部屋(一例) 画像提供:ルネッサンスリゾート大阪セールスオフィス

    お部屋(一例)
    画像提供:ルネッサンスリゾート大阪セールスオフィス

  • 夕食バイキング(イメージ) 画像提供:ルネッサンスリゾート大阪セールスオフィス

    夕食バイキング(イメージ)
    画像提供:ルネッサンスリゾート大阪セールスオフィス

コース番号
155-2812
日 数
2泊3日
食 事
朝食2回 昼食2回 夕食2回付
添乗員
同行
最少催行人員
25名

コースのポイント

★☆せとうちの名所を3日間でめぐる充実観光付き★☆
1、瀬戸内海でもオススメ観光地10景を厳選してご案内します!
  (1)美しい大名庭園「栗林公園」、(2)案内人とめぐる「金刀比羅宮」
  (3)2020年より通年ライトアップする「瀬戸大橋」
  (4)美しい白壁の街「倉敷」、(5)世界遺産の天守閣を一望「姫路城公園」
  (6)世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」、(7)花の淡路島を象徴する「淡路花さじき」
  (8)大鳴門橋と鳴門海峡を一望「鳴門公園」、
  (9)西洋名画1,000余点を陶板で原寸大に再現「大塚国際美術館」(3300円の入館料込!)
  (10)関東読売初登場!世界三大土柱の「阿波の土柱」
2、オーシャンビューの絶景温泉ホテルに宿2泊
  ・瀬戸内海や瀬戸大橋が一望!夕陽に染まる瀬戸内海が美しい「鷲羽温泉」
  ・大鳴門橋や鳴門海峡が一望!バルコニー付きの客室からの絶景「鳴門温泉」
3、鯛・たこなど瀬戸内の名物をご堪能!充実の食事6回付!
4、淡路「バーベナ」(6〜7月)、栗林公園「花菖蒲」(6月)など初夏の花々も楽しめます!
  ※花の見頃は気象状況により異なります。

主な観光スケジュール

日次 日程 食事
1日目 羽田空港(8時45分発〜11時50分発)……徳島又は高松又は岡山空港----(1)【●栗林公園】(国の特別名勝に指定された回遊式大名庭園)----(2)【〇金刀比羅宮】(海の神様を祀る“こんぴらさん”を案内人付で参拝)----<(3)△瀬戸大橋>----鷲羽温泉<泊>

宿泊施設:鷲羽グランドホテル備前屋甲子
瀬戸内海や瀬戸大橋を望む全室オーシャンビューのホテル。
鯛会席料理の夕食と瀬戸内海一望の絶景露店風呂などでごゆっくりお寛ぎ下さい。
食事
朝:× 昼:× 夕:○
2日目 ホテル----(4)【〇倉敷美観地区】(白壁の町並み散策・約90分。大原美術館は別途1500円)----(5)【〇姫路城公園】(世界遺産の姫路城を眺望。天守閣の登閣料は別途1000円!姫路名物御膳の昼食)----<(6)△明石海峡大橋>--(7)【〇淡路花さじき】(季節の花々が彩ります)----鳴門温泉<泊>

宿泊:アオアヲ ナルト リゾート
全室バルコニー付オーシャンビューのデラックスリゾートホテルに宿泊!露天風呂や展望風呂完備の天然温泉大浴場でごゆっくり!ご夕食は 鳴門ブランド「鳴門鯛・鳴門わかめ・金時芋」、淡路ブランド「穴子・鰆・タコ・玉ネギ」などブランド食材をお造りやにぎり寿司、天麩羅、阿波鳴門デザート など充実の内容!
食事
朝:○ 昼:○ 夕:○
3日目 ホテル----(8)【〇鳴門公園】(鳴門海峡と大鳴門橋の眺望。別途510円にて「渦の道」へご案内します)----(9)【●大塚国際美術館】(陶板名画美術館。美術館スタッフの40分のご案内も含めたっぷり約2時間の見学)----(10)【〇阿波の土柱】(世界三大土柱と呼ばれる奇観で国の天然記念物。大自然が創り出した芸術を見学。阿波名物和食膳の昼食)----徳島又は高松又は岡山空港……羽田空港(16時30分着〜21時50分着)
食事
朝:○ 昼:○ 夕:×

マークの説明

(--または=) バス 徒歩 入場観光 下車観光
車窓観光
飛行機 新幹線 JR 列車
船・フェリー ロープウェイ・ケーブルカー

添乗員

1日目羽田空港より3日目羽田空港まで同行致します。

集合場所と予定時間

羽田空港:8時45分発〜11時50分発
※集合はご出発の40分〜60分前です。

空席状況照会カレンダー

ご希望日付の[旅行代金]をクリック下さい。空席照会結果・ツアー情報入力画面に進みます。

設定期間 2020年06月21日〜2020年07月02日

2020年6月
2020年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 

 

 

 

ご希望の出発日内の旅行代金をクリックすると、
「空席照会画面」へ進みます。

【バス前方席プランのご案内】
対象コース:サブタイトル 並びにオプション項目にバス前方席プランを表示
別途料金500円(お一人様・1日)にて、バス前方3列目までのお席を確保致します。
※乗務員側の2列目座席は業務用として使用致します。
※空港や駅・港までの送迎バス、個人旅行は対象外になります。
※事前予約が必要です。当日のお申し込みは受けかねます。
※1〜3列の中での座席指定は受けかねます。
※お一人様参加や奇数グループの方は相席となり、男女での相席にてご案内する場合もございます。
※前方席が満席ならびに人数追加やツアー変更の際(当社都合の場合を含む)はお席を確保できない場合がございます。

※旅行代金は、基本旅行代金(お一人様)です。詳細は次画面に表示されます。
※「満席」表示の出発日は、キャンセル待ちでのご予約ができます。
※「満席」表示は、催行決定の意味ではありません。ご予約の取消などの人数変動により催行中止となる場合があります。
※「リクエスト受付」の出発日は、予約の可否を折り返し担当者よりご連絡いたします。
※「催行決定」の表示は、その出発日が出発確定していることを表しています。
※「催行中止」の表示は、最少催行人員に達しなかった、又はその他の事由によりツアーが中止になったことを示しており、
すでにご予約いただきましたお客様につきましては、取扱営業所から代表者様へご連絡させていただきますので、
しばらくお待ち下さい。
※受付中の表示でも、旅行代金別、部屋タイプ別、乗車場所により残席がなく予約がとれない場合があります。
詳細をお調べ致しますので、取扱営業所までお問合せ下さい。
※また、ご予約完了までに満席となる場合がありますので予めご了承下さい。

備考
※日程内、移動時間及び観光時間はあくまでも予定であり交通機関・天候・現地事情により、
 旅程・見学箇所・訪問順序が変更となる場合がございます。
※上記は、基本日程でありご出発日・利用便・見学施設の休館日などにより宿泊・観光箇所が
 入れ替わる場合がございます。尚、航空利用便の指定はできかねますので予めご了承下さい。

■利用航空会社
日本航空・全日空
※航空利用便の指定はできかねますので予めご了承下さい。

■利用ホテル
【鷲羽温泉】鷲羽グランドホテル備前屋甲子
【鳴門温泉】アオアヲナルトリゾート
※お部屋タイプのご指定はできません。
※シングル利用の場合は20,000円増しになります。
 お部屋に限りがあるため、満室にて承れない日もございます。また、相部屋は原則不可となります。
※お泊まりのホテルが洋室の場合は、2名様でのお申し込みはツイン、3名様ではツイン+エキストラベッド
 (又はソファーベッド又はシングルベッド)、4名様では、ツイン2ルーム又はトリプル+エキストラベッド
 (又はソファベッド)使用になる場合がございます。

■利用バス会社
徳島バス又は各地同等クラス
※同等クラスのバス会社つきましては、当社「貸切バス会社一覧」をご覧下さい。
貸切バス会社一覧

(注)航空機利用商品は、出発日前日より起算して21営業日を過ぎた場合、旅行参加者の名前・年齢・性別の変更はできません。

【旅行企画・実施】観光庁長官登録旅行業第91号
株式会社読売旅行  関東予約センター
 〒104-8420  中央区築地  2丁目5−3 読売築地ビル
 窓口営業時間 10:00〜16:00(土曜・日曜・祝日は休ませていただきます。)
 電話受付時間 09:30〜17:30(月曜〜日曜 電話受付09:30〜17:30となります。祝日は休み。)
 電話:03-5550-0666   FAX:03-5550-0665
 総合旅行業務取扱管理者/藤原 清隆

このページのトップへ