読売旅行|国内旅行|特集ページ
巡礼の旅 坂東三十三観音

ツアーはこちら

  • 巡礼の旅トップ
  • 四国八十八ヶ所
  • 坂東三十三観音
  • 西国三十三所
  • 秩父三十四観音
  • 篠栗四国八十八ヶ所

坂東三十三観音とは

坂東三十三観音が開設されたのは鎌倉時代初期。源頼朝の篤い信仰によって発願され、源実朝が西国の霊場を模範として札所を制定したと伝えられて、現在では西国三十三所、秩父三十四箇所と併せて日本百観音へと発展し、今日に至っています。札所は鎌倉を出発地に、相模(神奈川)、武蔵(東京・埼玉)、上野(群馬)、下野(栃木)、常陸(茨城)、下総・上総・安房(千葉)と、関東各地に点在し、一番札所が多い県は神奈川県の9か所。第一番札所の杉本寺から第三十三番札所である那古寺までを巡拝すると、その道程は約1300kmの札所巡りです。

巡拝図

坂東三十三観音 巡拝図

坂東三十三観音 札所一覧

寺号 寺号の読み 別称 都道府県
1 杉本寺 すぎもとでら 杉本観音 神奈川県
2 岩殿寺 がんでんじ 岩殿観音 神奈川県
3 安養院 あんよういん 田代観音 神奈川県
4 長谷寺(鎌倉市) はせでら 長谷観音 神奈川県
5 勝福寺 しょうふくじ 飯泉観音 神奈川県
6 長谷寺(厚木市) はせでら 飯山観音 神奈川県
7 光明寺 こうみょうじ 金目観音 神奈川県
8 星谷寺 しょうこくじ 星の谷観音 神奈川県
9 慈光寺 じこうじ 埼玉県
10 正法寺 しょうぼうじ 巌殿観音 埼玉県
11 安楽寺 あんらくじ 吉見観音 埼玉県
12 慈恩寺 じおんじ 慈恩寺観音 埼玉県
13 浅草寺 せんそうじ 浅草観音 東京都
14 弘明寺 ぐみょうじ 弘明寺観音 神奈川県
15 長谷寺(高崎市) ちょうこくじ 白岩観音 群馬県
16 水澤寺 みずさわでら 水澤観音 群馬県
17 満願寺 まんがんじ 出流観音 栃木県
寺号 寺号の読み 別称 都道府県
18 中禅寺 ちゅうぜんじ 立木観音 栃木県
19 大谷寺 おおやじ 大谷観音 栃木県
20 西明寺 さいみょうじ 益子観音 栃木県
21 日輪寺 にちりんじ 八溝山観音 茨城県
22 佐竹寺 さたけでら 北向観音 茨城県
23 正福寺 しょうふくじ 佐白観音 茨城県
24 楽法寺 らくほうじ 雨引観音 茨城県
25 大御堂 おおみどう 大御堂観音 茨城県
26 清瀧寺 きよたきじ 清瀧観音 茨城県
27 円福寺 えんぷくじ 飯沼観音 千葉県
28 龍正院 りゅうしょういん 滑河観音 千葉県
29 千葉寺 せんようじ 千葉県
30 高蔵寺 こうぞうじ 高倉観音 千葉県
31 笠森寺 かさもりでら 笠森観音 千葉県
32 清水寺 きよみずでら 清水観音 千葉県
33 那古寺 なごじ 那古観音 千葉県

出発地からツアーを探す

  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発

 お探しのツアーは見つかりませんでした。

巡拝姿

お遍路のスタイルと持ちもの

下記のような菅笠(すげがさ)をかぶり、白装束(しろしょうぞく)に輪袈娑(わげさ)をかけ、手に金剛杖(こんごうづえ)を持つのが基本的なスタイルです。簡略する場合は洋服の上に白衣(はくえ)と輪袈娑を着け、ズボンはトレーニングパンツ、靴はスニーカーでもかまいませんが、色は白が良いでしょう。金剛杖はお大師さまの分身とされ、歩行する際の助けとなるばかりでなく精神的な支えにもなるのでお勧めします。装束を整えることで、遍路修行に対する心構えも違ってくるものです。
これら巡拝用品は各札所にて売られているところもあり、必要に応じて適宜そろえることもできます。

巡礼の装い例
菅笠(すげがさ)
日除けや雨具などにも役立つ。帽子と違い、笠をかぶったまま礼拝し、お堂の前や僧の前でも笠をとらなくてよい。
白衣(びゃくえ)と笈摺(おいずる)
昔、お遍路に出た高貴な僧侶が、背中に背負った仏像の笈(おい)に、自らの俗な体が触れないように着たものが始まりで、お遍路の正式な上着。袖があるものを白衣、袖がないものを笈摺(おいずる)といい、四国札所では「南無大師遍照金剛」、観音札所では「南無観世音菩薩」と背中に書かれている。道中衣とご宝印用判衣の2着を用意する人もいます。
輪袈裟(わげさ)
僧侶の法衣を簡素化したもので、礼拝の正装具。白衣の上に首から下げる。手洗いなど不浄のところに立ち入る際は取り外す。
数珠
最も身近な仏具です。これを持って仏様に手を合わせれば、煩悩が消滅し、功徳を得られるといわれている。
頭陀袋(ずだぶくろ)
納経帳や納め札、ロウソク、線香のほか頻繁に使うものを入れる。
金剛杖(こんごうづえ)
弘法大師の分身として大切に護持する杖。弘法大師と同行二人で聖地を踏み、大師の御加護で無事に礼拝できると伝えられている。宿に着いたら一番に洗い浄める。

巡拝用品

特に決まりはありませんが、近頃では洋服の上に白衣を付け、輪袈裟・菅笠・金剛杖のみの簡略化したスタイルが多くなっています。正式な巡拝スタイルに用いるお遍路グッズをご紹介します。

納経帳

  • 四国
  • 観音

納経帳

札所での礼拝、読経を終えてからご朱印をいただく冊子。お遍路が来世の旅路に持参するものとされ、一度購入すると、その納経帳を一生使用し重ね印してゆく。

納め札

  • 四国
  • 観音

納め札

巡拝の証として本堂と大師堂の納札箱にそれぞれ奉納します。札には自分の住所、名前を書いて納める。
四国遍路の場合は巡拝回数によって6種類の札色があり、1回〜白札、5回〜緑札、8回〜赤札、25回〜銀札、50回〜金札、100回〜錦札となる。道中、お接待を受けた場合もお礼として納め札を相手に渡す。

白衣(はくえ、びゃくえ)

  • 四国
  • 観音

白衣(はくえ、びゃくえ)

巡礼の正装で、普段着に白衣を羽織るのが定番になっています。
道中自身が羽織る用と、納経帳同様に各札所の御朱印をいただく用、二着用意する方が多いです。

納経軸

  • 四国
  • 観音

納経軸

満願の後は各自で表装などして家宝となります。

御影(おすがた・おみえ)保存帳

  • 四国

御影(おすがた・おみえ)保存帳

納経時に頂戴するのが御影である。これはその札所のご本尊の姿を写したもので、ご本尊の分身とされるため、大切に御影を並べて保管するための保存帳。

経本(きょうほん)

  • 四国
  • 観音

経本(きょうほん)

各札所のご本尊さまにお経を奉納するために経本は欠かせません。
普段お使いの経本があれば忘れずにお持ちになってお参りをしましょう。

  • 四国…四国八十八ヶ所で必須

  • 観音…観音めぐりで必須

巡礼の旅 各詳細ページのご案内

  • 巡礼の旅 トップ
  • 四国 八十八ヶ所
  • 西国 三十三所
  • 秩父 三十四観音
  • 篠栗四国 八十八ヶ所

鎌倉時代初期に開設された坂東三十三観音。札所は鎌倉を出発地に、関東7県各地に点在しています。
全行程約1,300kmの札所巡りの旅にでかけましょう。

協力:旅行読売出版社