読売旅行|国内旅行|特集ページ
巡礼の旅 四国八十八ヶ所

ツアーはこちら

  • 巡礼の旅トップ
  • 四国八十八ヶ所
  • 坂東三十三観音
  • 西国三十三所
  • 秩父三十四観音
  • 篠栗四国八十八ヶ所

四国お遍路の基礎知識

弘法大師と四国霊場

弘法大師と四国霊場

弘法大師空海(774〜835)は讃岐の屏風ヶ浦(香川県善通寺市)の郡司・佐白家に生まれました。15歳で長岡京(京都府)に上り、高級菅吏になるべく勉学に励みましたが、都での学問に飽き足らず、山林に入って修行するようになります。24歳の時の著作「三教指帰(さんごうしいき)」には、徳島の太龍寺山(たいりゅうじやま)や高知の室戸岬など、四国の各地で修行の日々を送ったことが記されています。

その後、遣唐使の留学生として中国に渡り、密教の全てを伝授されて帰国。真言宗を開き、平安京の東寺や高野山を朝廷より賜りました。伝承では、厄年の42歳の時に八十八ヶ所を選び、弘仁(こうにん)6年(815)に四国霊場を開創したといわれます。四国遍路は当初、修行憎などを中心に行われていましたが、江戸時代になると庶民に広く浸透し、日本を代表する霊場へと発展しました。空海は62歳で入定(にゅうじょう)、生きたまま永遠の禅定に入ったとされ、四国遍路は「お大師さま(空海)は今も衆生を救ってくださっている」という弘法大師信仰の上に成り立っています。巡拝する際は「同行二人(どうきょうににん)」すなわち「常にお大師さまと共にある」という意識が大切です。

四国遍路と高野山

八十八ヶ所すべての巡拝を終えたお遍路さんの多くは、結願(けちがん)の報告のために弘法大師が御入定されている高野山の聖地「奥之院」にお参りします。巡拝を始める前にお大師様に挨拶のためお参りするお遍路さんもおられます。

札所について

札所とは霊場寺院のこと。かつて巡拝の際に、住所氏名や願いごとを記した木製や金属製の札を寺に納めたことに由来します。札(納札(おさめふだ))は寺院の柱などに打ち付けたことから札所を参拝することを「打つ」といい(ただし、現在打ちつける行為は禁止されている)、札所を番号順に巡ることを「順打ち」、順番とは逆に巡ることを「逆打(ぎゃくう)ち」といい、その他、何回かに分けて巡拝する「区切り打ち」、すべての霊場を一度に巡拝する「通し打ち」、一県のみを巡拝する「一国打ち」などの巡拝もあります。

四国お遍路のルール(三信条と十善戒)

三信条

  1. 弘法大師が最後の一人まで救ってくださることを信じ、同行二人の精神で巡拝する。
  2. 道中で困ったことや苦しいことがあっても愚痴を言わず、修行と考える。
  3. 現実の世の中にて救われることを信じ、悟りが得られることを願い巡拝する。

十善戒

1.不殺生:殺さない、2.不偸盗:盗まない、3.不邪淫:邪淫しない、4.不妄語:嘘をつかない、5.不綺語:お世辞を言わない、6.不悪口:悪口を言わない、7.不両舌:誰にも真実を話す、8.不慳貪:欲張らない、9.不瞋恚:怒らない、10..不邪見:良くない考えを起こさない

巡拝図

四国八十八ヶ所 巡拝図

四国八十八ヶ所 札所一覧

徳島県(阿波)の札所(23ヶ寺)

〜 発心の道場 〜

札所名 札所名の読み
1 霊山寺 りょうぜんじ
2 極楽寺 ごくらくじ
3 金泉寺 こんせんじ
4 大日寺 だいにちじ
5 地蔵寺 じそうじ
6 安楽寺 あんらくじ
7 十楽寺 じゅうらくじ
8 熊谷寺 くまだにじ
札所名 札所名の読み
9 法輪寺 ほうりんじ
10 切幡寺 きりはたじ
11 藤井寺 ふじいでら
12 焼山寺 しょうさんじ
13 大日寺 だいにちじ
14 常楽寺 じょうらくじ
15 國分寺 こくぶんじ
16 観音寺 かんおんじ
札所名 札所名の読み
17 井戸寺 いどじ
18 恩山寺 おんざんじ
19 立江寺 たつえじ
20 鶴林寺 かくりんじ
21 太龍寺 たいりゅうじ
22 平等寺 びょうどうじ
23 薬王寺 やくおうじ

高知県(土佐)の札所(16ヶ寺)

〜 修業の場 〜

札所名 札所名の読み
24 最御崎寺 ほつみさきじ
25 津照寺 しんしょうじ
26 金剛頂寺 こんごうちょうじ
27 神峯寺 こうのみねじ
28 大日寺 だいにちじ
29 国分寺 こくぶんじ
札所名 札所名の読み
30 善楽寺 ぜんらくじ
31 竹林寺 ちくりんじ
32 禅師峰寺 ぜんじぶじ
33 雪蹊寺 せっけいじ
34 種間寺 たねまじ
35 清滝寺 きよたきじ
札所名 札所名の読み
36 青龍寺 しょうりゅうじ
37 岩本寺 いわもとじ
38 金剛福寺 こんごうふくじ
39 延光寺 えんこうじ

愛媛県(伊予)の札所(26ヶ寺)

〜 菩提の道場 〜

札所名 札所名の読み
40 観自在寺 かんじざいじ
41 龍光寺 りゅうこうじ
42 仏木寺 ぶつもくじ
43 明石寺 めいせきじ
44 大寶寺 だいほうじ
45 岩屋寺 いわやじ
46 浄瑠璃寺 じょうるりじ
47 八坂寺 やさかじ
48 西林寺 さいりんじ
札所名 札所名の読み
49 浄土寺 じょうどじ
50 繁多寺 はんたじ
51 石手寺 いしてじ
52 太山寺 たいさんじ
53 円明寺 えんみょうじ
54 延命寺 えんめいじ
55 南光坊 なんこうぼう
56 泰山寺 たいさんじ
57 栄福寺 えいふくじ
札所名 札所名の読み
58 仙遊寺 せんゆうじ
59 国分寺 こくぶんじ
60 横峰寺 よこみねじ
61 香園寺 こうおんじ
62 宝寿寺 ほうじゅじ
63 吉祥寺 きちじょうじ
64 前神寺 まえがみじ
65 三角寺 さんかくじ

香川県(讃岐)の札所(23ヶ寺)

〜 涅槃の道場 〜

札所名 札所名の読み
66 雲辺寺 うんぺんじ
67 大興寺 だいこうじ
68 神恵院 じんねいん
69 観音寺 かんのんじ
70 本山寺 もとやまじ
71 弥谷寺 いやだにじ
72 曼荼羅寺 まんだらじ
73 出釈迦寺 しゅっしゃかじ
札所名 札所名の読み
74 甲山寺 こうやまじ
75 善通寺 ぜんつうじ
76 金倉寺 こんぞうじ
77 道隆寺 どうりゅうじ
78 郷照寺 ごうしょうじ
79 天皇寺 てんのうじ
80 国分寺 こくぶんじ
81 白峯寺 しろみねじ
札所名 札所名の読み
82 根香寺 ねごろじ
83 一宮寺 いちのみやじ
84 屋島寺 やしまじ
85 八栗寺 やくりじ
86 志度寺 しどじ
87 長尾寺 ながおじ
88 大窪寺 おおくぼじ

出発地からツアーを探す

  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発
¥49,980〜¥59,980
3日間以上9月13日出発
¥79,800〜¥99,800
3日間以上10月11日〜10月23日出発
¥99,800〜¥119,800
3日間以上11月4日〜11月21日出発
¥99,800〜¥119,800
3日間以上12月3日〜12月7日出発

巡拝姿

お遍路のスタイルと持ちもの

下記のような菅笠(すげがさ)をかぶり、白装束(しろしょうぞく)に輪袈娑(わげさ)をかけ、手に金剛杖(こんごうづえ)を持つのが基本的なスタイルです。簡略する場合は洋服の上に白衣(はくえ)と輪袈娑を着け、ズボンはトレーニングパンツ、靴はスニーカーでもかまいませんが、色は白が良いでしょう。金剛杖はお大師さまの分身とされ、歩行する際の助けとなるばかりでなく精神的な支えにもなるのでお勧めします。装束を整えることで、遍路修行に対する心構えも違ってくるものです。
これら巡拝用品は各札所にて売られているところもあり、必要に応じて適宜そろえることもできます。

巡礼の装い例
菅笠(すげがさ)
日除けや雨具などにも役立つ。帽子と違い、笠をかぶったまま礼拝し、お堂の前や僧の前でも笠をとらなくてよい。
白衣(びゃくえ)と笈摺(おいずる)
昔、お遍路に出た高貴な僧侶が、背中に背負った仏像の笈(おい)に、自らの俗な体が触れないように着たものが始まりで、お遍路の正式な上着。袖があるものを白衣、袖がないものを笈摺(おいずる)といい、四国札所では「南無大師遍照金剛」、観音札所では「南無観世音菩薩」と背中に書かれている。道中衣とご宝印用判衣の2着を用意する人もいます。
輪袈裟(わげさ)
僧侶の法衣を簡素化したもので、礼拝の正装具。白衣の上に首から下げる。手洗いなど不浄のところに立ち入る際は取り外す。
数珠
最も身近な仏具です。これを持って仏様に手を合わせれば、煩悩が消滅し、功徳を得られるといわれている。
頭陀袋(ずだぶくろ)
納経帳や納め札、ロウソク、線香のほか頻繁に使うものを入れる。
金剛杖(こんごうづえ)
弘法大師の分身として大切に護持する杖。弘法大師と同行二人で聖地を踏み、大師の御加護で無事に礼拝できると伝えられている。宿に着いたら一番に洗い浄める。

巡拝用品

特に決まりはありませんが、近頃では洋服の上に白衣を付け、輪袈裟・菅笠・金剛杖のみの簡略化したスタイルが多くなっています。正式な巡拝スタイルに用いるお遍路グッズをご紹介します。

納経帳

  • 四国
  • 観音

納経帳

札所での礼拝、読経を終えてからご朱印をいただく冊子。お遍路が来世の旅路に持参するものとされ、一度購入すると、その納経帳を一生使用し重ね印してゆく。

納め札

  • 四国
  • 観音

納め札

巡拝の証として本堂と大師堂の納札箱にそれぞれ奉納します。札には自分の住所、名前を書いて納める。
四国遍路の場合は巡拝回数によって6種類の札色があり、1回〜白札、5回〜緑札、8回〜赤札、25回〜銀札、50回〜金札、100回〜錦札となる。道中、お接待を受けた場合もお礼として納め札を相手に渡す。

白衣(はくえ、びゃくえ)

  • 四国
  • 観音

白衣(はくえ、びゃくえ)

巡礼の正装で、普段着に白衣を羽織るのが定番になっています。
道中自身が羽織る用と、納経帳同様に各札所の御朱印をいただく用、二着用意する方が多いです。

納経軸

  • 四国
  • 観音

納経軸

満願の後は各自で表装などして家宝となります。

御影(おすがた・おみえ)保存帳

  • 四国

御影(おすがた・おみえ)保存帳

納経時に頂戴するのが御影である。これはその札所のご本尊の姿を写したもので、ご本尊の分身とされるため、大切に御影を並べて保管するための保存帳。

経本(きょうほん)

  • 四国
  • 観音

経本(きょうほん)

各札所のご本尊さまにお経を奉納するために経本は欠かせません。
普段お使いの経本があれば忘れずにお持ちになってお参りをしましょう。

  • 四国…四国八十八ヶ所で必須

  • 観音…観音めぐりで必須

巡礼の旅 各詳細ページのご案内

  • 巡礼の旅 トップ
  • 坂東三十三観音
  • 西国 三十三所
  • 秩父 三十四観音
  • 篠栗四国 八十八ヶ所

幅広い年齢層に人気の四国八十八ヶ所巡礼の旅。全行程約1400kmの四国遍路を気軽にお楽しみ頂けるツアーをご案内いたします。
自分さがしの旅として、または癒やし、健康のために参加してはいかがでしょうか。

協力:旅行読売出版社