正倉院展/正倉院の世界 鑑賞ツアー・旅行 特集

正倉院展 鑑賞ツアー

国内旅行 特集ページ

奈良の秋の風物詩とも言える「正倉院展」が、今年も秋に開催されます。
そして、今年は御即位記念特別展「正倉院の世界」が、東京国立博物館 平成館で開催されることになりました。
世界的にも価値の高い宝物を観ることができるこの機会に、読売旅行のツアーでそれぞれの宝物を鑑賞しに行きませんか。

正倉院展 ツアー一覧

  • 東京都

  • 神奈川県

  • 埼玉県

  • 千葉県

  • 栃木県

  • 群馬県

  • 茨城県

  • 山梨県

お探しのツアーは見つかりませんでした。

正倉院展について

御即位記念 第71回正倉院展

■開催概要

  • 会期   :2019年10月26日(土)〜11月14日(木)
  • 主催・会場:奈良国立博物館
  • 特別協力 :読売新聞社

世界遺産の奈良・正倉院で守り伝えられてきた国際色豊かな古代の至宝を公開する正倉院展。
約9000点の正倉院宝物のうち、天皇陛下の御即位記念として開催する今年は、20年ぶりに6扇そろって展示される「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」や、中央に鹿が描かれた「金銀花盤(きんぎんのかばん)」をはじめとする天平文化を彩った見ごたえのある宝物が展示されます。
1250年以上前の美しさを残す奇跡の文化財との出会いをお楽しみください。

【主な出陳宝物】

◆『鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)』
「天平美人」として名高い宝物。顔や手、着衣の袖口などに彩色(さいしき)が施され、着衣や樹木などに日本産のヤマドリの羽毛が貼り付けられていたことがわかっている。

◆『紫檀金鈿柄香炉(したんきんでんのえごうろ)』
仏前などで僧が手に持って香を供えるのに使用した柄香炉。豪華で煌(きら)びやかな装飾は、現存する柄香炉の中でも随一といわれている。

◆『金銀花盤(きんぎんのかばん)』
六花形の銀製の皿で、正倉院に伝わる盤の中では最も大きく華麗な宝物。中央に花状の角(つの)をもつ鹿が表されている。遣唐使が唐から公式に賜った品である可能性も指摘されている。

紫檀金鈿柄香炉紫檀金鈿柄香炉

紫檀金鈿柄香炉

金銀花盤金銀花盤

金銀花盤

おすすめ関連特集

奈良特集
東京特集
日本の絶景特集
日本の世界遺産特集
日本の名城特集
伊勢神宮特集

天平時代を中心とした多数の美術工芸品が収蔵されている正倉院。その宝物を観ることができる「正倉院展」や「正倉院の世界」に行くなら、読売旅行のツアーをご利用ください。

 
 
このページのトップへ