読売旅行ホーム > お知らせ >新型コロナウイルス・感染症危険情報発出継続にともなう海外旅行の取り扱いについて
(株)読売旅行

新型コロナウイルス・感染症危険情報発出継続にともなう
海外旅行の取り扱いについて

2021年1月8日 現在

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、日本の外務省は2021年1月8日現在、
   全世界に対し感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航は止めてください)および、
   レベル3(渡航中止勧告)を継続して発出しております。

 また、感染症危険情報とは別に、全世界に対し危険情報レベル2(不要不急の渡航は
   止めてください)を継続して発出しております。

 弊社では、感染の拡大防止とお客様の安全を考慮して、誠に遺憾ながら3月発までの
   海外募集型企画旅行を催行中止とさせていただいております。

海外旅行再開までのステップ

  1.  外務省が発出する各国の危険情報レベルが1以下になること。
  2.  日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限が解除されること。
  3.  日本帰国翌日から起算して14日間の御自宅や御自身で確保された宿泊施設等で不要不急の外出を避け、待機することが解除されること(空港でのPCR検査の結果が陰性であれば、公共交通機関を使い、帰宅できるようになること)。
  4.  航空機などの交通機関の運行、現地ホテル・レストラン・観光施設の営業、また新型コロナウイルス感染予防の為の基本対策が実施されていること。

 現在2021年4月以降出発のツアーにつきましては募集を継続しておりますが、最新の状況を
   確認し、個別にお客様にご案内させていただきます。

 なお、弊社の対応は外務省の海外安全情報の発出に基づいております。各国の危険情報が
   引き下がり安全を確認出来るまでの期間に限ります。

参考
  ■外務省【海外安全ホームページ】https://www.anzen.mofa.go.jp/