「新しい旅のかたち」感染防止ガイドライン


Withコロナの時代の旅行ツアーは、安心安全が第一。
感染症など専門家のご指導の下、リスクを最小限に抑える対策を取り入れました。

安全・安心の旅をお届けする当社国内ツア−のお約束

【ツアー商品の対策】
行程
  • 行程にゆとりを持たせます。ゆっくり出発や早めの到着など。観光場所での滞在時間も長くします。
  • 平日出発やバスの「1人2席」配席日を用意します。(一部商品を除く)
  • 移動
  • バスの乗車人員は座席数の7割までとします。相席にはいたしません。(島など一部地域・車両を除く)
  • バス移動は90分に1回を目安に休憩を取ります。休憩時に強制換気を行い車内の空気を入れ替えます。
  • バス乗車時の手指消毒を徹底します。乗降時は「密」を避け、グループごとに乗降していただきます。
  • バスや飛行機、列車内など団体行動中はマスクを着用し、手で鼻や口を触らないようお願いします。マスクは、感染防止効果の高い不織布マスクの着用をお勧めします。
  • バス移動中は水分補給以外の飲食を、原則ご遠慮いただきます。列車による中長距離移動でやむを得ない場合を除き、お弁当などの食事設定はいたしません。
  • 食事
  • 手指消毒液を設置している施設を利用し、お客様にはしっかりと手指消毒をしていただきます。
  • 食事会場では、テーブルを分けたりパーテーションで区切ったりして4人以下の単位に分けます。着席人数はテーブルの定員より少ない数とします。
  • バイキングやビュッフェでは、「トングの個別使用」または「個別取り皿」など、料理を取る際の感染防止対策をしている施設を利用します。
  • 【ツアー企画の対策】
    出発前
  • 出発前連絡を全ツアーで実施します。体調確認、感染防止への協力をお願いします。
  • 添乗員も添乗前の検温・体調報告を徹底します。
  • 出発日
  • 出発地で検温。37.5度以上の発熱がないか確認します。
  • 健康チェックシートで、せきやのどの痛みなど、発熱以外の症状がないか確認します。
  • 旅行中
  • 毎朝、検温とチェックシートで体調を確認します。ツアー中も適宜、健康確認のお声がけをさせていただきます。
  • 観光地でのバス昇降時に、添乗員による口頭での健康チェックを行います。ご協力お願いします。
  • 体調不良のお客様がいた場合、医療機関などと連携してお客様の救護に万全を期します。
  • やむを得ず旅行を中断されるお客様には、帰宅費用を当社で負担します。
  • 新型コロナ感染症を対象とする保険「コロナお守りパック」を、参加者全員に付帯します。ツアー中、24時間医療相談サービスが利用できるほか、万が一感染した場合は、同行者も含めて見舞金が支払われます。
  • ※当社の取り組みはJATA(日本旅行業協会)のガイドラインに準拠しています。

    ※新型コロナウイルス感染拡大をふまえ、当面のあいだの方針とさせていただきます。

     相席なしシートマップ

    関連リンク(新しい旅のエチケット・バスの関連予防策)

    バス会社の感染防止対策はこちら(一例です。)
    ●「新しい旅のエチケット」 旅行連絡会(協力:国土交通省・観光庁)によって策定されました。
    「新しい旅のエチケット」の詳細はこちらから>>

    「新しい旅のかたち」へのごあんない

    読売旅行の「新しい旅のかたち」。皆様に心から楽しんで頂ける旅、安心して参加頂ける旅を提供してまいります。

    旅の新ステージへのごあんない

    新型コロナウイルス感染対策についての読売旅行の取り組みをご案内いたします。しっかりと予防策、対策を取りながら、お客様が安心してご旅行に参加いただけるよう努めてまいります。