たびよみ

 

たびよみぷらざ

月刊誌『旅行読売』掲載情報。旅行・観光施設情報をごあんないします。

※たびよみぷらざの情報は旅行読売「観光ニュース 列島たび前線」に掲載されたものです。

万葉のふるさと≠走る万葉線で「令和」を記念した特別車両が運行中

万葉「令和」号と中村正治社長
万葉「令和」号と中村正治社長

 富山県高岡市と射水市を走る路面電車「万葉線」で、10月末まで新元号を記念したラッピング車両、万葉「令和」号が運行している。
  万葉線は高岡駅から六渡寺までの高岡軌道線と、六渡寺から越ノ潟までの新湊港線からなり、全長12.9kmを49分で結ぶ。大伴家持が越中国守として赴任中に多くの歌を残した「万葉のふるさと」にちなみ、2001年に「万葉」を冠した唯一の鉄道として開業した。
  沿線には、高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー、高岡古城公園、新湊きっときと市場、海王丸パークなど、観光名所が多い。万葉線1日フリーきっぷ(大人900円、子ども450円)を使えば、手軽に観光名所を巡れる。
12月31日まで、「令和」の由来である万葉集の「初春令月氣淑風和」の文字と、梅の花をあしらった一日フリー記念乗車券も発売中(1000円)。車内や高岡市万葉歴史館のほか、インターネットなどでも申し込める。

問い合わせは、万葉線0766・25・4139

鳥取で万葉*シ所巡り206人に特産品を

因幡万葉歴史館の大伴家持ホール
因幡万葉歴史館の大伴家持ホール

 鳥取県では、県内の万葉集ゆかりの地を巡る「令和万葉の郷とっとりけん」スタンプラリーキャンペーンを6月30日まで実施中。同県は、大伴家持が万葉集最後の歌を詠んだ地で、万葉集ゆかりの場所が点在。
名所を訪ねながらスタンプを集めて応募すると、抽選で万葉牛など万葉ゆかりの品が当たる。応募はスタンプ1個から。スタンプ設置は因幡万葉歴史館、伯耆国府跡 法華寺畑遺跡、粟嶋神社の3か所。

詳細は、ホームページ"https://www.pref.tottori.lg.jp/284917.htmを参照。

上皇ゆかりの建物展示&宿として開業

木造2階建て「ましこ悠和館」
木造2階建て「ましこ悠和館」

上皇が皇太子時代に、終戦の玉音放送を聞かれた栃木県益子町の旧南間ホテルが、「ましこ悠和館」の名前で展示・宿泊施設に改修。6月12日に展示施設を先行オープンする。
同ホテルはかつて奥日光の湯ノ湖畔にあり、上皇が学童疎開で滞在した所。その後、益子町の窯元が現在の場所へ移築し、2016年に町へ寄贈した。館内のギャラリーでは終戦時の資料を展示し、客室5室に宿泊できる(料金未定)。

問い合わせは、同町観光商工課0285・72・8846

東京ビッグサイトでハンドメイドの祭典

前回の会場風景
前回の会場風景

日本最大級の規模を誇る「ハンドメイドインジャパンフェス 2019」が7月20・21日、東京ビッグサイト(西1・2ホール)で開かれる。
各地で活動する3000人余のクリエイターが一堂に会し、ファッションアイテムやインテリア、アート、手工芸品などのオリジナル作品を展示する。場内にはワークショップ、ファーマーズマーケット、フード&カフェもある。
当日入場料は、1日券1500円、両日券2500円。小学生以下は無料。

詳細は、公式サイト"https://hmj-fes.jpを参照。

全室海一望の温泉宿鳥羽市にオープン

海と一体化したような風呂
海と一体化したような風呂

 三重県鳥羽市に、温泉リゾートホテル「TAOYA志摩」がグランドオープンした。
大江戸温泉物語のグループ施設で、全123室オーシャンビュー&バルコニー付き。天然温泉あふれる大浴場、露天風呂からも海を見渡せる。夕・朝食ともバイキング料理で、和食・洋食・中華料理が充実。館内などに、草間彌生氏ら有名アーティストの作品を展示している。
宿泊料金は大人2人1室利用の場合、1人1泊2食1万4150円〜。

問い合わせは、同ホテル(ナビダイヤル)0570・031268。

ジェットスターが成田−庄内線を就航

山形県の旅がより身近に
山形県の旅がより身近に

LCCのジェットスターは、成田国際空港と山形・庄内空港を結ぶ新路線を8月1日に就航する。
同社では初の東北路線で、山形県にLCCが就航するのは初めて。1日1往復し、エアバスA320型機(180席)を使用する。成田13時発、庄内14時05分着、庄内14時50分発、成田15時55分着。
「Starter」片道4490円〜(別途、支払手数料600円〜が必要)。

詳細は、ホームページ"https://www.jetstar.com/jp/ja/shonai-yokosoを参照。

広島県世羅町にバラの楽園がオープン

尾道道世羅ICから約20分
尾道道世羅ICから約20分

広島県世羅町に35品種・7100株のバラが咲き誇る「世羅高原花の森」がオープン。
7月15日まで「ローズフェスタ」を開催中だ。標高540m、冷涼で寒暖差の大きい世羅高原は、バラ栽培に最適な環境。園内には、日本最長400mのバラの列植「ロングボーダーガーデン」や、宿根草とイングリッシュローズを左右対称に植えた「香りの小路」などが広がる。
入園料は大人800円、子ども400円(6月上旬〜中旬は1000円、500円)。

問い合わせは、同園0847・29・0122

長野・安曇野に休暇村がプレオープン 期間中はいつでも同一料金で泊まれる

吹き抜け天井で明るい雰囲気のラウンジ
吹き抜け天井で明るい雰囲気のラウンジ

全国37か所にホテルを展開する休暇村協会では、長野県安曇野市に「休暇村リトリート安曇野ホテル」を開業。
グランドオープンは2020年4月頃の予定で、それに先立ち今年6月1日に「休暇村安曇野Bed & Breakfast」として11月30日までプレオープンする。大糸線穂高駅からタクシーで約10分に立地し、城下町・松本や上高地などの観光拠点にもぴったり。
全22室が40平方b以上あるゆったりした客室で、和室14、洋室4、和洋室4からなる。岩を配した露天風呂や内風呂に天然温泉を注ぐ。プレオープン期間中はいつでも同一料金。1泊朝食スタイルで営業し、地元の食材を生かした料理を提供。スタッフによる「朝のお散歩会」などのプログラムも用意している。
宿泊料金は大人2人1室利用の場合、1人1泊朝食8790円。現在、宿泊予約を受け付けている。

問い合わせは、同館0263・31・0874。

長湯温泉にクアパークがオープン 温泉を使った健康増進の新拠点に

湯中運動を行う運動浴槽
湯中運動を行う運動浴槽

大分県竹田市にある長湯温泉に、温浴法療養複合施設「クアパーク長湯」がオープンした。
長湯温泉は国内有数の高濃度炭酸泉で知られる。「竹田式湯治」をうたい、長期滞在者に給付金を支払う国内初の温泉療養保健システムを確立するなど、温泉保養地化を進めてきた。その新拠点として同施設が誕生した。
先行開業したのはレストラン棟と温泉棟。レストラン棟では地元食材を使う料理を提供する。温泉棟には男女別内風呂のほか、水着で源泉かけ流しの炭酸泉に入る運動浴槽、往復50bの歩行浴槽、露天風呂、ジャグジーなどがある。6月2日に宿泊棟がオープンし、今後、湯中運動教室なども開催予定だ。天井が高く木を多用した開放感のある建物は、建築家・坂茂氏が手がけた。
入浴料、運動浴槽利用料は各500円、セット料金800円。場所は、豊肥線豊後竹田駅からバス40分、国民宿舎下車すぐ。営業時間などは要問い合わせ。

問い合わせは、長湯ホットタブ0974・64・1444

バリアフリー情報満載 佐賀の観光ガイド冊子

公式サイト「あそぼーさが」でも閲覧できる
公式サイト「あそぼーさが」でも閲覧できる

佐賀県観光連盟は佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターと共同で、県内の観光スポットや宿などのバリアフリー情報をまとめた観光ガイドブック「さがふり」を発刊した。
車イス対応の施設情報をはじめ、オストメイト対応のトイレ、身障者用駐車場、「困ったときのスタッフによるサポート」の有無、駅のバリアフリー情報などを掲載している。県内の各観光協会などで無料で配布している。

問い合わせは、同連盟0952・26・6754

天浜線二俣本町駅に1組限定の宿が誕生

宿名はビートルズの名曲「イン・マイ・ライフ(愛しき人生)」に由来
宿名はビートルズの名曲
「イン・マイ・ライフ(愛しき人生)」に由来

天竜浜名湖鉄道(天浜線)の二俣本町駅に、1日1組限定の「駅舎ホテル INN MY LIFE」がオープンした。
築約60年の木造駅舎の待合室横にあったそば店の区画を改修。天井高を3層に分けて37平方bの面積をより広く見せ、木と鉄の調和が美しい家具類や間接照明で演出。バス、トイレ、ミニキッチンも備えている。
1泊朝食1組2万5000円〜。宿泊客に天浜線1日フリーきっぷをプレゼント。

詳細は、ホームページ"https://www.innmylife.com//a>を参照。