たびよみぷらざ

 

たびよみぷらざ

月刊誌『旅行読売』掲載情報。旅行・観光施設情報をごあんないします。

※たびよみぷらざの情報は旅行読売「観光ニュース 列島たび前線」に掲載されたものです。

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」上野の東京藝術大学大学美術館で開催中

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」が7月16日まで、東京・上野の東京藝術大学大学美術館で開催されている。
同展は、大河ドラマと連動し、幕末から明治にかけての激動の時代をけんいんした英雄・西郷隆盛の生涯を、ゆかりの品や歴史資料でたどる。
日本の近代史上、屈指の有名な人物ながら、肖像写真が一枚も残っていないなど謎に包まれた西郷の姿を、多角的に検証。その風貌を最も忠実に伝えるとされる肖像画や、座右の銘「敬天愛人」の直筆の書、西郷がその婚礼に尽力した篤姫が所用していた華麗な調度品などを展示。さらに、銅像「上野の西郷さん」の制作過程を物語る新出写真まで、「西郷どん」の魅力を存分に味わえる。
入館料は、一般1500円、大高生1000円。

 問い合わせは、ハローダイヤル TEL:03−5777−8600。

同展は7月28日〜9月17日に大阪市中央区の大阪歴史博物館で、9月27日〜11月18日に鹿児島市の鹿児島県歴史資料センター黎明館でも開催される。

アイヌ料理を生かした期間限定の特別ランチ

お重仕立ての全11品

「北海道の名付け親」と呼ばれる松浦武四郎の特別展(北海道博物館で6月30日から開催)の関連企画として、札幌駅前のセンチュリーロイヤルホテルでは特別ランチ「松浦武四郎ランチ」を6月30日まで提供している。
武四郎が交流したアイヌ民族の伝統料理を現代風にアレンジ。代表的な汁物「オハウ」や鮭とばのウニ味噌和え、鹿肉ロースの味噌漬けなど趣向を凝らした内容で、料金は3150円。

 詳細は同ホテルレストラン TEL:011−221−3007。

陸奥湾の天然イルカショーフェリーから遭遇率40%

イルカ

青森県の外ヶ浜町蟹田(津軽半島)とむつ市脇野沢(下北半島)を結ぶ、むつ湾フェリーでは、6月末まで「イルカいないかキャンペーン」を実施中。
イルカと“遭遇”した定期航路便の乗客全員に証明書と記念品をプレゼントする。
陸奥湾では、毎年4月下旬から6月下旬にかけてカマイルカと呼ばれる野生のイルカが群れを成して遊泳。海面を飛び跳ねて乗客を楽しませる。同社によれば、遭遇率は40%ほどという。

 問い合わせは、同フェリー TEL:0174−22−3020。

宮古・室蘭間が10時間 新フェリー航路開設

「シルバークイーン」

川崎近海汽船は6月22日、岩手県宮古と北海道室蘭を10時間で結ぶ旅客フェリーを就航させる。
1日1便で、宮古発8時・室蘭着18時、室蘭発20時・宮古着6時。定員600人。特等室(ツイン)5室、1等室(4人)が洋室17・和室5、2等は2段ベッドとオープンスペース。24時間利用できるオートレストランがあり、トラック69台と乗用車20台を積載できる。
運賃(片道)は、大人6000円〜、大高中生4800円〜、小学生3000円〜。

 問い合わせは、同社 TEL:0120−539−468。

山形で日本一さくらんぼ祭り30mの流しさくらんぼも

流しさくらんぼ

日本一のさくらんぼ生産量を誇る山形県。今年も山形市七日町大通りで「日本一さくらんぼ祭り」が6月23・24日に開催される。
流しそうめんならぬ、日本最長30mの流しさくらんぼや歩行者天国に並ぶご当地グルメやさくらんぼマルシェ、県産酒の振る舞いで山形の魅力を存分に味わえる。ほかに戦国武将大集結などのステージイベント、幼児も気軽に参加できるワークショップなど盛りだくさんの内容だ。

 詳細は、ホームページhttp://www.sakuranbomatsuri.jp/を参照。

アニメ聖地の情報発信拠点 成田空港内にオープン

アニメツーリズム

成田空港第2ターミナル本館2階北側に、「アニメツーリズム インフォメーション」がオープンした。
アニメツーリズム協会が昨年8月に発表した「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の魅力を国内外のファンに発信する施設。
成田空港は「アニメ聖地88」の“0番札所”となっており、ご朱印コーナーやアニメキャラクターと写真が撮れるスポットなども設置している。

 詳細は、ホームページhttps://animetourism88.com/jaを参照。

プーシキン美術館展でフランス風景画の「旅」へ

東京都台東区の東京都美術館で7月8日まで「プーシキン美術館展――旅するフランス風景画」が開催中。
珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、風景画の傑作65点が来日。初来日したモネの「草上の昼食」は、パリ郊外の風景を描く。
観覧料は、一般1600円、大学生1300円、高校生800円。

 問い合わせは、ハローダイヤル TEL:03−5777−8600。

関越道赤城高原SA(上り線)“ドラマチック”に全面開業

「かみつけ山麓テラス−風そよぐ木もれびマーケット−」

関越道昭和IC・赤城IC間の赤城高原SA上り線(群馬県昭和村)がショッピングコーナーをリニューアル。
昨年12月に先行オープンしたフードコーナーなどと合わせて「ドラマチックエリア赤城高原(上り線)」の名称のもと全面開業した。
赤城山麓の自然を満喫できるテラスの前には、旬の産直野菜・果実が並ぶ市場を設置。群馬や新潟の特産品を充実させたショッピングコーナーは24時間営業。

 問い合わせは、NEXCO東日本お客さまセンター TEL:0570−024−024。

倉本聰氏が長年思い描いたレストラン「ル・ゴロワ フラノ」新富良野プリンスホテル内に誕生

(左)「ル・ゴロワ フラノ」
(右)「エゾシカのフリットゥーラ アンディーヴのインサラータ」

北海道富良野市の新富良野プリンスホテルに5月28日、作家・倉本聰氏が監修したレストラン「ル・ゴロワ フラノ」が開業した。
「ル・ゴロワ フラノ」は、倉本氏が唱える「創」の思想に基づいて創設された。これは、現代の文明社会で忘れられた“自らの知恵で生み出すことの面白さ、愉しさ”をレストランでも実現すること。食材を育む人、それを調理する人、提供する人、味わう人が直接つながることで、ただ食べるだけではない面白さや楽しさを感じてもらうもの。
店舗デザインからメニューの監修、店舗の命名、ロゴデザインまでを倉本氏が行い、料理を手掛けるのは、東京・表参道で北海道食材にこだわったレストランとして人気を博した「ル ゴロワ」のシェフ・大塚健一さん。大塚さんは富良野に移住し、「生産者への敬意」を第一に、素材の魅力を生かすイタリア料理の柔軟な調理法を用いて、ゆで方にこだわったパスタや薪火で焼いた肉料理、自家製パンなどを提供する。食事は予約制。

 問い合わせは、同レストラン予約専用ダイヤル TEL:0167−22−1123。

日光のベルギー大使館別荘 6月に内部を特別公開

日光のベルギー大使館別荘

栃木県日光市の中禅寺湖畔にある「ベルギー王国大使館別荘」が6月、建築90周年を記念して特別公開される。
同別荘は現在も使用されており、一般公開はこれが初めて。公開日は6月の土曜〜月曜(30日を除く)で10時〜16時。予約不要で入館無料。
特別公開に合わせて、イタリア・英国大使館別荘記念公園など、周辺にある皇室・大使ゆかりの5館を巡るスタンプラリーも企画されている。

 問い合わせは、栃木県自然環境課 TEL:028−623−3206。

福井県坂井市・あわら市が「がけっぷちリゾート」導入

東尋坊

福井県の坂井市とあわら市は共同で、同地域のシンボルで断崖絶壁の奇勝地「東尋坊」とその周辺のファミリーリゾート施設を連動して周遊観光を促進する新事業「がけっぷちリゾート」をスタートさせた。第一弾として、6月29日まで周遊チケットを販売中。
同チケットは、東尋坊観光遊覧船、越前松島水族館、「金津創作の森」での陶芸絵付け体験など、家族で楽しめる七つの観光スポットを回れるフリーパス。1日券が大人3500円、子ども2200円、2日券が大人5000円、子ども3200円。クーポン提示で、飲食店など28施設で割引やサービスが受けられる。
周遊チケットには特製ガイドマップが付いていて、三つのスポットを訪れ、応募はがきを出した人の中から、抽選で10人に賞品(5000円相当)が当たる。

 問い合わせは、坂井・あわらエリア周遊滞在型観光推進委員会事務局 TEL:0776−50−3152。

「大阪城の櫓 内部特別公開2018」幕末・維新の激動に耐えた歴史遺産を一挙公開

(左)「多聞櫓」
(右)「千貫櫓」

大阪市中央区の大阪城では11月25日まで、「大阪城の櫓 内部特別公開2018」と銘打ち、国の重要文化財である「多聞櫓」「千貫櫓」「焔硝蔵」の内部を一般公開している。
「大坂の陣」の後、大坂城(大阪城)は徳川幕府によって築き直され、幕府の西国支配の拠点となった。幕末には重要な政治の舞台となったものの、戊辰戦争で落城。城内の多くの建物が焼失したが、今回特別公開されている三つの建造物は、大火をくぐり抜けて今日まで残った。多聞櫓は、二の丸への出入り口となる大門を組み込んだ櫓。千貫櫓は、1620年に小堀政一(遠州)の設計監督で創建された隅櫓。焔硝蔵は、鉄砲や大砲に使用する火薬を保管した蔵で、床・壁・天井・梁のすべてが花崗岩で造られている。
入場料は、3棟共通券が高校生以上700円、中学生以下300円。3棟と天守閣に入れるセット券(高校生以上)が1200円。

 公開日など詳細は、ホームページhttp://osakacastlepark.jp/を参照。

6月限定伊豆の沖合でとび魚すくい体験!

とび魚すくい体験

静岡県伊豆市の沖合で、とび魚すくい体験が家族で楽しめる「海のお宝ハンティング2018」が6月1日〜30日に開催される。
20時、土肥屋形桟橋を出航。約1kmの進み集魚灯に集まった、銀鱗を輝かせて飛ぶとび魚などの大きな魚をタモですくい、持ち帰る。
体験料は大人3000円、小学生2000円、未就学児1000円。参加日の前日までに申し込む。

 問い合わせは、土肥温泉旅館協同組合 TEL:0558−98−0523。

休暇村6000万人達成!6000個の流れ星募集中

「休暇村」

全国に37あるリゾート「休暇村」では、1961年創業からの宿泊者が6000万人を突破した。
これを記念し、宿泊者(5000円以上)を対象に「流れ星を6000集めるプロジェクト」を7月7日まで実施中。流れ星を目撃したらロビーの「流れ星掲示板」にシールを貼り、応募用紙を投函。抽選で20人に、JCBギフトカード10万円分などが当たる。
期間中、全休暇村で「夜空のプログラム」も実施。ガイドの案内で夜の森を歩くなど素敵な体験ができる。

 問い合わせは、休暇村https://www.qkamura.or.jp/