イベントチケットプレゼント

イベントチケットプレゼント

展覧会などのご招待券をペアでプレゼント!

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、各地で開催される展覧会などのご招待券を各イベント10組20名様に抽選でプレゼント! 毎週木曜日に抽選を行います。ぜひご応募下さい。

※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

*** お知らせ ***
「チケットプレゼント」のご応募は読売旅行マイページ会員限定です。
ご応募される際は、会員登録をお願い致します。

 

開催地

詳細

応募

千葉

BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展
 ―絵本の50年 これまでとこれから―

2017年1月4日(水)〜 2月26日(日)   千葉市美術館

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。BIBは、隣国のチェコ共和国と合わせてひとつの国チェコスロヴァキアであった1965年に、ユネスコと国際児童図書評議会の提唱によって創設されました。1967年に初めて開催され、2015年には記念すべき25回目、50周年を迎えました。このたびの日本巡回展では、50周年を記念して、第1部で歴代参加作品の中から「日本の絵本の歴史50年」を振り返り、BIBがその発展に果たした役割を考えます。過去半世紀の日本の絵本とBIBの歩みを辿ることはまた、私たち自身と絵本との関わりに目を向けることといえるでしょう。第2部では、参加50ヶ国からノミネートされ国際審査によって決定した、グランプリをはじめとするBIB2015の受賞作品および、日本からの出品作品を紹介します。

ご応募

愛知

特別企画展 ヘレンド―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯―

2017年1月7日(土)〜3月26日(日)   愛知県陶磁美術館

ハンガリーの美しき古都ブダペストから遠からぬ静かな村で1826年に開窯したのがヘレンドです。ヘレンドは磁器への繊細な絵付け技術によってオーストリア帝国・ハンガリー王国御用窯として認められ、その顧客名簿にはハプスブルク家の皇帝フランツ=ヨーゼフ、皇妃エリザベート、大英帝国のヴィクトリア女王はじめ、そうそうたる王侯貴族が名を 連ねました。その後も戦争の時代を挟みながらもヨーロッパを代表する磁器窯のひとつとして、今日にいたるまで高い名声を得つづけています。本展ではブダペスト国立工芸美術館、ハンガリー国立博物館、ヘレンド磁器美術館、及びハンガリー国内の個人所蔵家達の貴重な作品を展示します。

ご応募

三重

再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで

2017年1月24日(火)〜4月9日(日)   三重県立美術館

日本には古くから仏像、神像、人形、置物、建築彫物など、生活や信仰に結び付いた豊かな立体表現があります。ところが、明治時代に入り西洋の彫刻が伝えられて以降、彫刻とそうでないものとに分けられたために日本古来の立体造形の多くは正統的な美術(ファイン・アート)としては位置づけられてきませんでした。それでも、江戸時代以前の造形感覚が忘れられることなく、精巧な技術を駆使して本物そっくりに似せることを目指したもの、日本人の感性に根ざしたもの等がつくられ、観賞され続けてきましたこうした流れは、現代のフィギュアやマスコットなどにも受け継がれているといえます。本展では、ジャンルを越えた多彩な立体表現約150点を展示します。

ご応募

山口

動き出す!絵画 ペール北山の夢 モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

2017年1月28日(土)〜3月12日(日)   下関市立美術館

大正時代、若き洋画家たちはヨーロッパ美術に熱狂し、新しい表現を生み出すことに熱中した。明治末から留学を果たしてヨーロッパの作品を実見した芸術家たちは、帰国後、その衝撃を日本の美術界に伝えた。 たとえば、斎藤与里はセザンヌ、マティスについて文芸雑誌で紹介し、高村光太郎は、「緑色の太陽」を発表して芸術の自由を高らかにうたった。また、『早稲田文学』、『スバル』、『白樺』などの雑誌は、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ロダンらを紹介し、芸術家たちを刺激した。本展では、大正期の美術界に功績を残した北山清太郎の仕事を追いながら、彼が紹介した印象派からポスト印象派、キュビスムまでのヨーロッパ絵画などを展示。

ご応募