読売旅行|国内旅行|特集ページ
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

2018年6月30日に世界文化遺産登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」関連の国内ツアーをごあんないします。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、17〜19世紀、江戸幕府が布告したキリスト教禁教令により弾圧されたキリシタン。約250年のあいだに長崎県本土、五島列島、天草諸島などの集落で密かにキリスト教の信仰を続けた潜伏キリシタンの文化的伝統を示す史跡と文化財群。 現存する国内最古のキリスト教建築物「大浦天主堂」、島原の乱の舞台「原城跡」、潜伏キリシタンの里として知られる「天草の﨑津集落」など12の資産で構成されている。この機会に是非ご参加ください。

 
原城跡天草四郎像

原城跡天草四郎像
画像提供:長崎県観光連盟

ご希望の出発地を選択してください。

  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発
¥39,900〜¥109,900
3日間以上1月2日〜3月29日出発
¥39,990〜¥53,990
3日間以上1月6日〜2月24日出発
¥49,900〜¥69,900
3日間以上1月20日〜3月24日出発
¥29,980〜¥43,980
3日間以上1月6日〜2月24日出発