イベントチケットプレゼント

イベントチケットプレゼント

展覧会などのご招待券をペアでプレゼント!

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、各地で開催される展覧会などのご招待券を各イベント10組20名様に抽選でプレゼント! 毎週木曜日に抽選を行います。ぜひご応募下さい。

※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

*** お知らせ ***
「チケットプレゼント」のご応募は読売旅行マイページ会員限定です。
ご応募される際は、会員登録をお願い致します。

 

開催地

詳細

応募

大阪

Viva Video! 久保田成子展

2021/06/29(火)〜2021/09/23(木・祝)   国立国際美術館

新潟に生まれ、ニューヨークを拠点に活躍したヴィデオ・アートのパイオニア、久保田成子(1937-2015)。作家の没後初となる本展は、日本では約30年ぶりの個展となります。東京教育大学(現・筑波大学)で彫刻を学んだ久保田は、1960年代前半の東京で「グループ音楽」や「ハイレッド・センター」といった同世代の前衛芸術家たちの仕事に触発され、さらなる可能性を切り開くべく渡米します。ニューヨークでは、世界的に展開した前衛芸術家集団「フルサクス」に参加するなど表現の幅を広げました。1970年代初頭にはパートナーであるヴィデオ・アーティストのナムジュン・パイク(1932-2006)を通じてヴィデオカメラを手に入れ、初めて映像作品を手掛けます。これを機に、映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」の制作を始め、ドクメンタやヴェネチア・ビエンナーレといった数々の国際美術展に招待されるなど、このジャンルの先駆的な存在として国際的に評価されました。
ヴィデオというメディアの黎明期に、世界を舞台に自らの芸術を展開する一人の女性作家として、何を考え、どのように表現を追求したのか。本展では、現代美術の父とも称されるマルセル・デュシャンを主題とした代表作「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を展覧します。

ご応募

埼玉

ブラチスラバ世界絵本原画展

2021/07/10(土)〜2021/08/29(日)   うらわ美術館

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。1965年にユネスコと国際児童図書評議会の提唱によって創設され、1967年、当時のチェコスロバキアで第1回展が開催されて以来、半世紀以上の歴史を歩んできました。本展覧会では、開催地スロバキアと隣国チェコが2020年に日本との交流100周年を迎えたことを記念して、両国の絵本の今を紹介します。また、2019年にブラチスラバで開催されたBIB 2019(第27回展)より、世界中から選ばれた受賞作と、日本の代表作家の作品を展示します。加えて、今回金牌を受賞したきくちちきを含む4組の日本人作家に焦点をあて、作品に込めた思いや絵本が生まれるまでの背景、創作の原点を、アトリエから始まる「旅」になぞらえて特別展示します。

ご応募

愛知

ANIMALS 2021 in TOYOHASHI 三沢厚彦

2021/07/17(土)〜2021/08/29(日)   豊橋市美術博物館

現代日本を代表する彫刻家のひとりである三沢厚彦(1961-)は、動物をモチーフとする木彫り作品で知られています。2000年に開始した「ANIMALS」では、犬や鳥など身近な動物から、クマやゾウなど大型の動物、さらにはユニコーンやフェニックスなど空想上の生物に至る多種多様な対象を造形化し、大きな注目を集めてきました。樟(クスノキ)を主材に、作家の作為性を感じさせる触覚的なノミのタッチで表された、ほぼ実物大のアニマルたちは、象徴的でありながらもリアリティを持ち、対峙する者に何かを語りかけてくるような、強烈な存在感を放ちます。さまざまな想像をかき立てるその謎めいた表情は、私たちの心をとらえて離しません。当館では北庭エリアのウサギたちが三沢作品としておなじみですが、この夏「ANIMALS」が大集合します。代表作品を中心に、原点となる初期作品や平面作品、アトリエの再現コーナー、また圧巻の迫力をまとう新作キメラなど空想動物たちのセクションを通して、多様な広がりをみせる三沢厚彦の世界をお楽しみください。

ご応募

山梨

蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―

2021/07/10(土)〜2021/08/29(日)   山梨県立美術館

写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活動をしている蜷川実花。本展では、「虚構と現実」をテーマにアーティストの写真の本質に迫ります。色鮮やかな花々を撮影した《永遠の花》や《桜》をはじめ、著名人やスポーツ選手を撮影した《Portraits of the Time》、新境地となった《うつくしい日々》など、多様な方向から制作された作品が一堂に会します。表現のジャンルを限定することなく時代の先端を鮮烈に示し続ける“蜷川実花”の作品世界を全身で体感できる、またとない機会となることでしょう。

ご応募