イベントチケットプレゼント

イベントチケットプレゼント

展覧会などのご招待券をペアでプレゼント!

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、各地で開催される展覧会などのご招待券を各イベント10組20名様に抽選でプレゼント! 毎週木曜日に抽選を行います。ぜひご応募下さい。

※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

*** お知らせ ***
「チケットプレゼント」のご応募は読売旅行マイページ会員限定です。
ご応募される際は、会員登録をお願い致します。

 

開催地

詳細

応募

東京

石岡瑛子展 血が、汗が、涙がデザインできるか

2020/11/14(土)〜2021/2/14(日)   東京都現代美術館

アートディレクター、デザイナーとして、多岐に渡る分野で新しい時代を切り開きつつ世界を舞台に活躍した、石岡瑛子(1938-2012)の仕事を総覧する、世界初の大規模な回顧展を開催いたします。1938年に東京に生まれた石岡瑛子は、資生堂に入社、グラフィックデザイナーとしてそのキャリアをスタートさせます。自由で新しい女性像を示し社会現象となったサマー・キャンペーンを担当したのち、独立後も、パルコ、角川書店の数々の歴史的な広告を手がけます。しかしその成功をよしとせず、1980年代初頭には新しい挑戦を求めて拠点をニューヨークに移し、グラフィックだけでなく、衣装、舞台・映画美術など、デザインの仕事の領域も広げていきます。映画、オペラ、サーカス、演劇、ミュージック・ビデオなど多岐にわたる分野で、世界中の有名無名の表現者たちとのコラボレーションのもと手がけた仕事は、アカデミー賞、グラミー賞など数々の栄誉に輝き、世界的な評価を獲得しました。「Timeless(時代を超えるもの)、Original(自分にしかできないもの)、Revolutionary(革命的なもの)」をデザインの根幹に据え、自らの可能性に挑戦し続けた石岡瑛子は、2012年に亡くなる直前まで、エンターテインメントを中心とする表現の最前線を走り抜けました。「サバイブ(生き残る)」を口癖としながら、自らと外の世界との化学反応に賭けつつ彼女が生涯をかけて磨いていった「石岡瑛子の方法」の意義について、本展を通して広く問いかけることができたら幸いです。

ご応募

埼玉

上田薫展

2020/11/14(土)〜2021/1/11(月・祝)   埼玉県立近代美術館

上田薫(1928-)は、写真を使って対象を精巧に描き出す画家です。殻からつるりと落ちてくる生玉子がリアルに描かれた彼の作品を、美術の教科書で見たことがある方も多いのではないでしょうか。東京藝術大学で油彩を学び、主に抽象画を制作していた上田は、1956年に映画ポスターの国際コンクールで大賞を受賞したことをきっかけに、グラフィック・デザインの世界へ足を踏み入れます。それからしばらく絵画制作から離れますが、1970年に、対象そのものだけを写実的に描く表現――本人曰く、制作に行き詰ったときに頭を空っぽにするための「クソリアリズム」――に目覚めます。以後上田は、ときにデザインの世界で学んだことを活かしながら、現実以上にリアルに見える作品を次々と生み出してきました。作品のモティーフの多くは、殻が割られた瞬間の生玉子、スプーンからこぼれ落ちそうなジャム、水の流れや空など、一瞬で姿を変えるものです。時間と空間とを切りとるその鮮烈な描写は、リアリズムの絵画のなかに独自の位置を占めるものとして高く評価されています。本展では、これまでまとまった形で紹介される機会の少なかった上田薫の歩みを、大学卒業後から現在までの作品約80点とともに紹介します。時間の流れ、空間のひろがり、そして何気ない日常を驚きに変える上田流「クソリアリズム」の世界を、ぜひ心ゆくまでお楽しみください。

ご応募

大阪

三沢厚彦展 ANIMALS IN ABENO HARUKAS

2020/11/21(土)〜2021/1/17(日)   あべのハルカス美術館

現代彫刻家、三沢厚彦(1961年-)が、全国各地で驚きと笑顔を集めてきた大人気の展覧会「ANIMALS」が、いよいよ大阪・あべのハルカスにやってきます。樟(くすのき)を彫ってつくられた等身大のアニマルたちは、身近なイヌやネコから、麒麟などの想像上のいきものまで、いずれも豊かな存在感と味わい深い表情が魅力です。子どもから大人まで、誰もがそれぞれに持っている動物との関わり、動物への思いやイメージを、そこに重ねながら鑑賞を楽しめるのも人気の理由のひとつでしょう。あべのハルカス美術館は日本一の高さのビル、あべのハルカスの16階、地上80mに位置します。窓の外に広がる光や風景と、三沢のつくり出すアニマルたちとのあいだに、さて、どんな出会いが生まれるのか…?ぜひご期待ください。

ご応募

北海道

諸星大二郎展 異界への扉

2020/11/21(土)〜2021/1/17(日)   北海道立近代美術館

日本中に多数の熱狂的なファンをもち、クリエイターから異分野の研究者まで、あらゆる方面から絶大な支持を誇る漫画家・諸星大二郎(1949年生まれ)。1970年『ジュン子・恐喝』で、実質的なデビューを果たし、74年『生物都市』で第7回手塚賞を受賞、注目を集めます。その作風は、『生物都市』や『夢みる機械』(1974)などSF的なものから、『妖怪ハンター』シリーズ(1974〜)に見られる民俗学・考古学的な視点を持った作品、『マッドメン』(1975〜82)など人類学的な考察とスケールを持った作品、『暗黒神話』(1976)などの記紀神話を基に大胆な世界観を披露した作品、『西遊妖猿伝』(1983〜)『諸怪志異』(1984〜2011)など東洋文学・思想から影響が見られる作品、『私家版鳥類図譜』(2000〜03)『私家版魚類図譜』(2004〜06)など博物学的な視点を感じさせる作品、『栞と紙魚子』シリーズ(1995〜)のように様々な要素を盛りこみながら日常をテーマにした作品まで、幅広いジャンルに渡っています。誰にも真似をすることができないといわれる諸星ならではの絵とも相まって、どの作品においても独特の世界を築き上げています。本展では、諸星大二郎のデビュー50周年を記念し、代表作の原画約350点を中心に、作品世界に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料などをあわせて展示。読む者を「異界」へと導く魅力の原点へと迫ります。

ご応募

東京

瀬戸正人展 記憶の地図

2020/12/1(火)〜2021/1/24(日)   東京都写真美術館

瀬戸正人(1953-)はタイ国ウドーンタニ市に、日本人の父とベトナム人の母の元に生まれ、61年に父の故郷である福島県に移り住みました。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業後、81年よりフリーランスの写真家として活動を始め、96年には、特異な視点で都会に生きる人々を捉えた〈Silent Mode〉、〈Living Room Tokyo 1989-1994〉で第21回木村伊兵衛賞を受賞、現代日本を代表する写真家の一人として高い評価を得ています。タイと日本を往還しながら、半世紀以上にわたりアジア各地の人々の暮らしや表情、風土や自然、社会にレンズを向けてきた瀬戸は、「写真は『記録』であると同時に『記憶』でもある」と語ります。本展で紹介する写真群は、瀬戸自身の記憶とともに、何層にも折りたたまれた「記憶の地図」となって、見る者の前に鮮やかに浮かび上がらせることでしょう。本展は、デビュー作〈バンコク、ハノイ 1982-1987〉から最新作〈Silent Mode 2020〉にいたる各時代の代表作によって、瀬戸が見たアジアの表情を紹介します。

ご応募

東京

日本初期写真史 関東編

2020/12/1(火)〜2021/1/24(日)   東京都写真美術館

毎年、東京都写真美術館では、写真の起源にフォーカスして美術的のみならず、歴史的にも意義のある展覧会を行っています。今回の「日本初期写真史 関東編」では、高橋則英氏(日本大学藝術学部写真学科教授)の監修のもと、三部構成で幕末明治期における関東地方の写真文化を紐解きます。一章では歴史を概観し、欧州における写真発祥から日本への輸入や普及するまでの歴史と写真技術を俯瞰します。二章では制作者に焦点をあて、関東地方を訪れたり、この地を基盤として活動した写真家や写真技術たちの作品を展覧するとともに、一都六県それぞれで開業した初期の写真家たちも紹介します。最終章ではペリー来航時の肖像写真から建設中の東京駅まで、バラエティに富んだ幕末明治の写真作品を展覧します。本展は、日本写真の起源に深く関わる関東の初期写真群を一堂に会し、その積層する写真文化を鳥瞰する貴重な機会です。

ご応募