イベントチケットプレゼント

イベントチケットプレゼント

展覧会などのご招待券をペアでプレゼント!

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、各地で開催される展覧会などのご招待券を各イベント10組20名様に抽選でプレゼント! 毎週木曜日に抽選を行います。ぜひご応募下さい。

※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

*** お知らせ ***
「チケットプレゼント」のご応募は読売旅行マイページ会員限定です。
ご応募される際は、会員登録をお願い致します。

 

開催地

詳細

応募

山梨

狩野芳崖と四天王―近代日本画もうひとつの水脈―

2017年11月3日(金・祝)〜12月17日(日)   山梨県立美術館

近代日本画の黎明期を代表する狩野芳崖。畢生の大作《悲母観音》は、近代日本画の原点と称えられ、多くの後進たちが学びました。中でも岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城は芳崖に師事した最後の弟子として、「芳崖四天王」と称されました。しかし、芳崖は東京美術学校(現、東京藝術大学)の開校直前に没し、彼らは忘れ去られた存在となってしまいました。本展は彼ら四天王に光を当てた初めての展覧会です。知られざる画業を新出作品や未紹介資料等を通じて多角的に辿るとともに、近代日本画を牽引した横山大観、菱田春草らの作品もあわせて展観します。

ご応募

大分

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ−彫刻から身体・庭へ−

2017年11月17日(金)〜2018年1月21日(日)   大分県立美術館

日本人の詩人野口米次郎を父にアメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持つ20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチ。ノグチは、彫刻のみならず舞台美術や家具デザイン、陶芸などジャンルを超えた幅広い活動を展開しました。彼は「身体」への関心から、肉体と自然との対話を求め、やがて「空間の彫刻」=庭園の仕事に着手します。晩年は、香川県牟礼町に住居とアトリエを構え制作を行いました。本展では、ノグチの芸術の全体像を紹介します。

ご応募

群馬

生誕100年 清宮質文 あの夕日の彼方へ

2017年12月10日(日)〜2018年1月31日(水)   高崎市美術館

木版画家として知られる清宮質文。その静かな詩情は今なお多くの人を魅了し続けています。没後四半世紀を過ぎ、誕生100年を迎える清宮の想像力に時空を超えてつながることを通して、私たちは「絵を描く/見る」ことの本質に触れます。生誕100年を記念するこの展覧会では、年代順に制作のテーマの変遷を追いながら、清宮質文という「表現形式に「絵」という方法をとっている詩人」の仕事を、木版やガラス絵といった区別なく詩的ヴィジョンの実現をめざす一枚の絵として再検証します。

ご応募

東京

ヘレンド展 −皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯−

2018年1月13日(土)〜3月21日(水・祝)   パナソニック汐留ミュージアム

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。1826年に創設され、ハプスブルク家の 保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されました。ハンガリーを代表する高級磁器窯として、今日に至るまで高い評価を得ています。本展では開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までが一堂に集まります。

ご応募