読売旅行|国内旅行|特集ページ

世界文化遺産登録決定! 『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

世界文化遺産 『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

祝 世界文化遺産登録!

2017年7月9日に世界遺産に登録された『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群。
構成資産は、4〜9世紀に航海の安全を祈る古代祭祀が行われた「沖ノ島(宗像大社沖津宮)」、その祈りを受け継いできた「宗像大社中津宮」「宗像大社辺津宮」、祭祀を担う宗像氏墳墓群である「新原・奴山古墳群」、通常渡島できない沖ノ島を海を隔てて遥か遠くから拝むため、大島の北側に設けられた「宗像大社沖津宮遥拝所」など8つの資産からなります。

福岡県の沖合、対馬との間に浮かぶ沖ノ島は、島全体が宗像大社の境内であり、御神体でもある神の島です。古くからのしきたり「女人禁制」は現在も続き、女性は入島することができません。神職以外、一般の人は上陸できない絶海の孤島です。

ご希望の出発地を選択してください。

  • 北海道・東北発
  • 関東発
  • 北陸・中部・信越発
  • 関西発
  • 中国/山陰・山陽発
  • 四国発
  • 九州発
¥39,980〜¥63,980
3日間以上12月10日〜3月11日出発
¥55,980〜¥78,980
3日間以上11月12日〜1月28日出発
¥39,980〜¥59,980
3日間以上11月12日〜12月24日出発
¥29,980〜¥49,980
3日間以上12月3日〜3月13日出発
¥59,980〜¥87,980
3日間以上2月1日〜3月29日出発
¥150,000
3日間以上11月12日〜11月19日出発
¥29,980〜¥91,980
2日間11月25日〜3月30日出発