ツアー検索条件設定

ご旅行検索

交通手段

添乗員

催行決定

催行決定

交通手段

添乗員

催行決定

添乗員

船籍タイプ

船会社

催行決定

4月18日(水)

羽田⇒ドバイ

羽田空港より、5名様と共に、香港へ。約4時間の飛行時間でした。無事に福岡からのお客様、京都からのお客様と合流し、出港地ドバイへ。

4月19日(木)

ドバイ

ドバイ到着後、まずは車窓から、高層ビル群を見ながら、ご休憩いただくハワードジョンソンホテルへ。港の近くのホテルでしたので、途中、懐かしいQE2の船体も車窓からご覧いただけました。朝食を召し上がっていただき、すこしお部屋でお休み頂きました。その後、現地ガイドのまりこさんと、ドバイ市内観光へ。ヘリテージビレッチでは、ドバイの方々の生活の様子をご覧いただき、ドバイ博物館でもドバイの歴史をご堪能いただきました。渡し船にもご乗船頂き、スパイススーク・ゴールゴスークもご見学を頂きました。乳香を購入したり、ナツメのお菓子もたくさん購入しました。その後、いよいよブリリアンス・オブ・ザ・シーズに乗船。乗船手続きも並ばずにスムーズでしたね。避難訓練も終わり、本船はマスカットへ向け、17時3分に出港しました。お天気もよくドバイの高層ビルの景色を見ながらの出港でしたね。

4月20日(金)

マスカット

午前中はのんびりホルムス海峡をクルーズ。船内ツアーも開催致しました。そして、船上から岩山に囲まれたマトラ地区を正面に、最初の寄港地、オマーンの首都、マスカットに12時45分頃入港致しました。船内のオプショナルツアーにご参加のお客様は、マスカット市内観光へ。海岸線をドライブしながら、マトラ地区(商業地区)から、古きよき時代のオマーンの面影を残すオールドマスカットへ。そしてアラブサミットで有名になった、6つ星ホテル、アル・ブスタン・パレスの素晴らしい大理石と、シャンデリアに囲まれたロビーにて、ハイティーをお召し上がりいただきました。ゆったりした空間でひと時をお過ごし頂きました。その後は、オマーンの現在の王様(スルタン)の持ち物のひとつである、アル・アルムス宮殿のお写真をお撮り頂き、博物館へ。オマーンの昔ながらの伝統的な衣装や、装飾品、使われていた食器類などをご覧いただきました。最後は港の近くのマトラスークへ。色とりどりの衣装や、銅製品、乳香、アクセサリーと、アラブらしいお土産がたくさん売られていましたね。

4月21日(土)

終日航海

本クルーズ初めての洋上航海。アラビア海をのんびり航行です。午前中は、アデン湾での緊急事態に備え、もう一度避難訓練が行われました。ご昼食はご希望のお客様とメインダイニングへ。大きなサラダにびっくりしましたね。午後は、色々な行事があり、ラテンダンスやベリーダンス(この航海にはぴったり)に積極的にご参加されました。夕方はキャプテン・ヘンリック・ロフト・ソーレンセンによるウェルカムレセプション。ハンサムなキャプテンとお写真もお撮りいただきましたね。そして今クルーズ初めてのフォーマルナイト。皆様も華やかな装いがテーブルを飾りました。日没過ぎから船内のカーテンが閉められ、室内の照明を落とさなければならなかったので、少々目が慣れるまで、時間がかかりました。レストランもランタンをつけて、どこでもロマンティックディナーになりました。照明を落としたので、星がとてもきれいでしたね。

4月22日(日)

終日航海

本日はイエメン領域に入り、アデン湾を航行しました。午前中は皆様でお話に華が咲ました。本日のランチはインターナショナルランチで色々なバーやレストランで寿司やメキシカン、カナッペ、アメリカンなどをはしごしながらお召し上がりいただいた方もいらっしゃったと思います。午後はのんびりお過ごしいただいたり、ダンスレッスンにご参加されたりとあっという間に一日が終わりましたね。

4月23日(月)

終日航海

本日ものんびり洋上航海。アデン湾を航行し、紅海へと入りました。15時頃、バブ・エル・マンデブ海峡を通過しました。左側にはジブチ共和国が、右側はイエメンが見えました。海を行きかうタンカーや他の船も久々に見ました。そして夕方はリピーターズパーティ。キャプテン・ヘンリック・ロフト・ソーレンセンによるウェルカム・レセプション・そして上級航海士の紹介がありました。キャプテンはデンマークの出身で、とてもハンサムとの評判でしたね。

4月24日(火)

終日航海

本日は紅海を航行。陸地は見えませんが、右側はイエメン、左側はエリトリア、そしてスーダン領内にも入りました。本日もカジノにダンスにと船内行事をお楽しみいただきました。夕方は弊社主催のプライベートパーティ。紅海を眺めながら、ひと時をお過ごし頂きました。本クルーズ2度目のフォーマルディナーでは、皆様の装いが一層華やかになり、会話も弾み、楽しい時をお過ごしいただきました。

4月25日(水)

終日航海

5日間続いた洋上航海も本日が最後。明日から3日間は毎日観光です。ベリーダンスやボーリーウッドダンスも上達さを増し、発表会に出られるくらい上手に踊れるようになりました。紅海から夜23時くらいにアカバ湾にはいりました。

4月26日(木)

ヨルダン

本日は久々の寄港地、ヨルダンはアカバに7時前に入港致。エジプト・イスラエルが対岸に見えました。弊社のツアーでは世界遺産のペトラの遺跡にご案内させていただきました。港からデザートハイウェイ(砂漠の道)を通りました。周りは砂漠に砂岩の岩山という景色がずっと続き、途中、遊牧民族(ヴェドウィン)の街などを通りました。休憩したドライブインでは、皆様アラブ風の装いに大変身。似合いすぎて、現地の方との区別がつきませんでした。

その後、キングスウェイ(王の道)を通り、ペトラ遺跡へ。馬に乗り、約1.2kmのシークを歩きました。高く、そして狭いシークを通っていく間で、キャラバンの彫刻・魚に似た岩などをご覧いただきながら、有名なエル・ハズネ(宝物殿と言われています)へ。映画、インディージョンズにも登場するペトラを代表する建物です。その後、町の中心部分に向かい、途中に兵士のお墓や貴族の墓、王家の墓、劇場、砂絵のボトルにお名前を入れて頂き、ローマ時代の列柱などを見ながら、レストランへ。ご昼食後、同じ道を戻りました。炎天下の中の観光でしたが、素晴らしいナバテア人の足跡をご覧頂くことが出来ました。

キーワード検索

おすすめタグ