ツアー検索条件設定

ご旅行検索

交通手段

添乗員

催行決定

催行決定

交通手段

添乗員

催行決定

添乗員

船籍タイプ

船会社

催行決定

4月13日(金)

成田空港⇒マイアミ

さあ、皆様の浪漫の旅がスタート!ご旅行をお申し込み頂いてから、この日を楽しみに首を長くしてお待ちになっておられたことでしょう。これから始まる未知の世界との出会いに心を躍らせ、成田空港よりデルタ航空276便にて大空へ飛び立ちました。デトロイト空港で飛行機を乗り継ぎ、デルタ航空2229便でマイアミまで空路約3時間・・・マイアミ着陸前には眼下に宝石のように輝く家々の窓や街灯が見え、日本から遥か遠くまで来たものだという実感が湧いてきました。長い1日を終えホテルでチェックインをして、安堵の眠りにつかれました。

4月14日(土)

マイアミ⇒フォートローダデール

アメリカンブレックファーストに舌鼓を打ち、異文化との出会いに胸を弾ませホテルを出発しました。カラッと乾いた空気の中、高速道路を爽快に走り抜け、豪華客船オアシス・オブ・ザ・シーズが待つフォートローダデールの港へ向かいました。心地よい緊張感の中、港での乗船手続きをし、ますます気分が高まりました。まるで未知なる宝探しに臨むかのようなワクワク感!「洋上の楽園」と呼ぶにふさわしい客船。滋味あふれるお料理、充実したエンターテーメント、童心に帰る遊園地のような設備・・・時計の針が日付をまたぐ頃まで、誰もが楽しげに華やかさを謳歌していました。

4月15日(日)

終日航海(カリブ海)

朝、爽やかに目を覚まし、お部屋から一歩外に出るとオアシス・オブ・ザ・シーズの中にいるという実感が湧きましたね。昨日から始まった船旅に期待を膨らませ、甲板に出て肌で感じた海風は心に潤いを与えてくれました。本日は海鳥に先導されながら波穏やかにカリブ海をクルーズ。船内では日頃の忙しさからも解放され、寛きの時間が流れていました。世界NO1の大きさを誇る船内の見学をして、それぞれのお気に入りの場所を見つけられましたね。人気キャラクターが集う船内パレードで心を踊らされた方、欧米人に混ざってプールやジャグジーで爽快な気分に浸られた方、お部屋でプライベートな時間を過ごされた方もおられました。

4月16日(月)

ラバディ(ハイチ)

ロイヤルカリビアンのプライベートアイランドのラバティに寄港しました。透き通るようなカリブの海で心地よく泳がられた方、豊かな美味しさに満ちたバーベキューランチを召し上がられた方、聳え立つ大木がつくる涼しそうな木陰のハンモックでお昼寝をされた方、ユニークなアートや手芸品のショッピングを楽しまれた方、現地の民族ショーをご覧になられた方など・・・それぞれ夢心地気分に浸られました。今宵も星がきれいだなぁと空をぼんやり眺め、就寝前に優しく穏やかな時が流れました。明日、目が覚めると前日とは違う別世界が広がっていることでしょう。

4月17日(火)

ファルマス(ジャマイカ)

ジャマイカの北西部に位置するファルマスに寄港しました。

オプショナルツアーでは、バイタリティー溢れるガイドさんに先導され、プライベートガーデンで、生き抜く知恵が凝縮された珍しい植物を見物しました。その後、澄み渡った美しい青い空、絵の具のキャンバスで作り出されたかのようなブルーとグリーンのグラデーションの海、極上の風景を眺めながら、地元料理に舌鼓を打ちましたね。オーチョ・リオスのダンズリバー滝登りでは、容赦なく流れ落ちる滝に向かって、勇敢に手を取り合って一歩一歩着実に前進する人々の姿に心を打たれました。勇気を奮って、個人で羨望の愛嬌溢れるイルカと戯れられたり、洞窟に行かれた方々は、実際に体感した人のみぞ語れる愉快なエピソードもありましたね

4月18日(水)

終日航海(カリブ海)

落ち着いた雰囲気の豪華客船の中で、豊かな時の流れを心ゆくまで満喫されました。船の中では優雅な時間を過ごし、港に着くと船を降りて見知らぬ文化にふれる・・・船旅ならではの醍醐味ですね。ダンスクラスに参加された方、風味豊かなグルメを満喫された方、カリブ海を眺めながら安らぎの時間を過ごされた方などそれぞれの時間を過ごされましたね。今夜はフォーマルナイト!華やかな社交の舞台で誰もが船上のスター!夕食のレストランでは、いつものスタッフが素敵な笑顔で迎え入れてくれました。美味なロブスターやステーキなど滋味あふれるご馳走がテーブルに並びました。

4月19日(木)

コスメル(メキシコ)

メキシコで一番大きな島コスメルに寄港しました。

カリブ海を望む断崖の上に聳えるマヤ文明のトゥルム遺跡で、私たちを真っ先に出迎えてくれたのは・・・悠々としたイグアナ!太陽にジリジリっと焼かれながら、ガイドさんの話に興味深く耳を傾けました。先人たちにより独特の技術と魂を込めて造られた遺跡からは、夢幻の情緒とその時代の人々の息吹が伝わってきました。恒例の楽しみ夜のショーでは、「カム・フライ・ウィズ・ミー」ショーをご覧になり、瞬きするのも忘れてしまいそうなアクロバットや歌とダンスのショーに魅せられ、零れんばかりの笑顔の観客からは大きな歓声が沸きました。

4月20日(金)

終日航海(カリブ海)

フォートローダデールに向けてカリブ海を終日航海!遮るものがない絶好のロケーションで進みゆく海の航路を眺め、ノスタルジックな記憶を呼び起こし・・・いつまで眺めていてもあきることがない海の絶景は心に潤いを与えてくれました。夜、荷造りをする心境が複雑。本当に終わってしまうのかなぁ。やっと船生活に慣れてきたと思ったのに・・・。世界中から集まった乗組員と最後のお別れの挨拶。1つ1つの縁・・・地球上にこんなにたくさんの人がいる中で、出会えて本当によかった!今回のクルーズを振り返ると心が和み、柔らかい笑みが浮かびました。

4月21日(土)

フォートローダデール⇒マイアミ(アメリカ)

フォートローダデールに着岸!陸路や空路では味わえない旅を演出し、素晴らしい人々と巡り合せてくれたオアシス・オブ・ザ・シーズと最後のお別れ。名残惜しく後ろ髪がひかれる思いでした。マイアミの市内観光では、豪邸が並ぶコーラル・ゲイブル、マイケルジャクソンのスリラーで撮影されたバハマ風のお墓が印象的なココナッツグローブ、マイアミビーチにオープンテラスのレストランが並ぶオーシャンドライブをご覧になられました。オプショナルツアーでは、世界遺産エバーグレイス国立公園でワニとご対面・・・今までまったく知らなかった世界を肌で感じられた一日でしたね。

4月22日(日)→4月23日(月)

マイアミ(アメリカ)⇒ニューヨーク⇒成田

早朝、マイアミの空港よりニューヨークを経由して、日本へたくさんの思い出と一緒に飛び立ちました。クルーズのご旅行の余韻に浸りながらの空の旅おつかれさまでした。皆様、お帰りなさい!黄金の国「ジパング」へ・・・。次の航海はいつでしょうか。また、新たな夢の世界が皆様をお待ちしています。それでは皆様お元気で・・・さようなら。

キーワード検索

おすすめタグ