ツアー検索条件設定

ご旅行検索

交通手段

添乗員

催行決定

催行決定

交通手段

添乗員

催行決定

添乗員

船籍タイプ

船会社

催行決定

10月13日(木)~10月14日(金)

成田~ベネチア

成田空港・関西空港よりカタール航空803便にてベネチアへ向けて出発致しました。カタール航空は成田空港を出発し、関西空港で機内待機の後カタールの首都ドーハへ向けて出発いたしました。関西空港出発の皆様とは機内で合流致しました。乗り継ぎ地ドーハに着いたのは、まだ外も暗い早朝でしたね。空港建物内で次のベネチア行きの飛行機を待っていると、外はだんだんと明るくなってきました。ドーハよりベネチアへ向かう飛行機には、たくさんの搭乗者がおり、同じ船にこれから乗る方たちもいらっしゃったようでした。約6時間の飛行時間でベネチア・マルコポーロ空港に到着しました。到着後バスにて直接ホテルに向かい、早い時間にホテルにチェックインできましたので、お夕食までの間は自由時間がありました。さっそくメストレの街の中へお出かけになられた方、ホテルの隣のスーパーマーケットへお買い物に出られた方もいらっしゃいました。きっと明日の乗船がとても楽しみで、待ち遠しい気持ちでお休みになられたことでしょう・・・。

10月15日(土)

ベネチア

皆様昨晩はぐっすりとお休み頂けたようでした。今朝はホテルでゆっくりとご朝食をお召し上がり頂き、いよいよボイジャー・オブ・ザ・シーズが待つ港へ向けて出発です!!ベネチア本島へ向かうリベルタ橋にさしかかると、これから乗船するたいへん大きな豪華客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が見えてきました。ベネチアの港には客船が何隻も停泊していたようですが、停泊中の客船の中でも最も大きなボイジャー・オブ・ザ・シーズは迫力満点でしたね。乗船手続きも非常にスムーズに、いよいよ待ちに待ったご乗船!!乗船後はさっそくご昼食をお召し上がり頂き、広い船内を皆様と探検に出かけました。その後、乗船説明会にもご参加頂きました。全員参加の避難訓練の後、ベネチアの出港シーンをご覧頂きながら優雅なひと時をお過ごし頂きました。お夕食は皆様そろってダイニングでお召し上がり頂きました。シアターでのショー、ロイヤルプロムナードでのパレード・・・など遅くまで催しが行われておりました。

10月16日(日)

スロベニア

今回最初の寄港地はスロベニアのコーペルに寄港いたしました。船内で初めての夜はいかがでしたか?ゆっくりお休み頂けましたか??本日の寄港地観光はご自身でお選び頂き、それぞれお好みのツアーにご参加頂きました。スロベニアの首都リュブリャーナやブレッド湖・ポストイナ鍾乳洞など・・・。ピラン観光にご一緒させて頂きましたが、とってもお天気が良かったので、ピランへ向かう車窓からはイタリアのトリエステの街並みや、はるか遠くかすかにユリアン・アルプスもご覧頂けました。ピランへ向かう途中には塩田もご覧いただけました。ブドウの栽培も行われており、ワインの産地としても有名な所だそうです。ピランの街の中は、1時間もあれば一回りできてしまいそうな小さな街。観光の後はフリータイムもあり、広場のカフェでコーヒーを・・・。船内の今夜はフォーマルナイト!お夕食の後は、キャプテンのウェルカムレセプション・写真撮影会、プロダクションショー・・・。素敵な夜になりました。

10月17日(月)

ラヴェンナ

イタリアのラヴェンナに寄港いたしました。皆様ご一緒にラヴェンナの旧市街の中へ出かけて参りました。ご存じの通り、ラヴェンナの街は「永遠に色あせないモザイク」で有名な世界遺産のある街です。また、フィレンツェから亡命しこのラヴェンナで生涯を終えたダンテの博物館・お墓があることでも知られています。

ツアーは、サンヴィターレ教会~ガラ・プラチディア霊廟~ポポロ広場~ダンテの墓~サンタポリナーレヌオヴォ教会とご覧頂き、街の中心で解散となりました。

解散後は、ショッピングや観光の続きをお楽しみ頂き、各自シャトルバスで船にお戻り頂きました。

街から帰ると船内では、ダンス教室やダンス音楽、毎晩内容の違ったショーなどが催されておりました。

10月18日(火)

バーリ

イタリアのバーリに寄港いたしました。11時の入港でしたので、ご昼食をお召し上がりいただいてからの観光となりました。バーリの港からは世界遺産に指定されているアルベロベッロへ出かけて参りました。バーリの港からドライブすること約1時間半、畑や果樹園の中に突然に、キノコのような家トゥルッリと呼ばれる他では見られない特徴的な家々がびっしりと立ち並ぶ様子がみえてきました。白い家の壁が太陽に輝いていました。撮影ポイントからはシャッターを切る音が止みませんでした。絶景ポイントや1軒だけしかない2階建ての珍しいトゥルッリ、トゥルッリの教会などをご覧頂きました。バーリの港には3隻の客船が寄港しましたので、普段は静かなアルベロベッロの小さな街も、たくさんの観光客でたいへん賑やかでした。

キーワード検索

おすすめタグ